石花海ヤリイカ

dscf1454s
釣りジャンル
エリア
場所 石花海
釣行日 2016年11月30日
アングラー 鈴木 幹弘
天候 曇りのち晴れ
対象魚 ヤリイカ
タックル がまかつアジビシSP195
フォースマスター2000
PE4号
ダイヤエース、さかな針等
オモリ150号
その他

同店長浜店長、焼津街道店の松永さんと、用宗港の興津丸さんにお世話になり、石花海のヤリイカにチャレンジして参りました。
港を出航すると予報通り前日来のウネリが残り、船が時折大きく揺れました。約1時間ほどで到着、準備を済ませて釣り開始です。ところが、事前に聞いてはいましたが、サメの多さにビックリです。最初の投入からイカもろともツノを取られてしまいます。サメが多いのですぐに移動、2~3投してサメを確認すると移動を繰り返しますが、どこにでもサメはいました。160m強の棚でヤリイカを掛けて、残り60~40mほどまで巻き上げたところで半分ほどは取られ、終わってみれば20杯に届かない悔しい結果となってしまいました。
しかし、50cmほどのパラソル級も混じり、持ち帰って捌いてみるとその肉厚ぶりには感動です。さらに、外道で釣れた「オアカ」が脂が良く乗り、美味でありました。釣味、食味共にすぐにでもまたチャレンジしたいと考えております。が、サメの動向が気になるところであります。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: