師崎ヒラメ釣り

img_2540
釣りジャンル
エリア ,
場所 伊良湖沖
釣行日 2016年12月15日
アングラー 中村黄金店 山田 浩司
天候 晴天爆風
対象魚 ヒラメ
タックル リーディング73H-200
レオブリッツ150J-L
PE1.5号➕フロロ6号
オモリ60号
その他

師崎の武丸さんにお世話になって活き鰯の泳がせでヒラメ釣りに出掛けてきました。

前日までの釣果を見ると1人1枚から多い人で3枚くらいの釣果だったのでかなり厳しい状況だろうなと予想して挑みましたがやはり一筋縄ではいきませんでした。

師崎を出て伊良湖沖まで走り根掛かりの少ない砂地で釣り開始。餌の活き鰯を付けて海底まで落とし1m程オモリを底からきったところで穂先に集中。もしヒラメが居れば鰯が逃げ惑い暴れるはずが海底の鰯は平穏な様子。

時折泳がせてくたびれた鰯を新しい鰯に交換しながらヒラメのアタリを待ちます。しかし開始して何時間待てど回収する鰯には傷ひとつ無いどころか元気な様子で戻ってきます。

少し休憩しながらオニギリでも食べようかと竿をキーパーに掛けて置き竿にして、オニギリのパッケージを開けていると待望の穂先のバタつきが!喰い込め、喰い込めと穂先を見ながら待っていると竿が大きく入ったのでキーパーから外して大きくアワせを入れるとずっしりと重みが!ゆっくりやり取りをしながら10m程巻き上げたところで急に軽くなり仕掛けを確認して見ると孫バリの編み込み部が切れてトリプルフックがありません…。親バリに掛かっていなかったので孫バリの編み込み一ヶ所に負荷がかかり外れてしまったのかと…。

気を取り直し釣り再開、なかなか無いアタリを待っていると数時間後に待望のアタリが。先程の二の前は踏まないように十分に喰い込むのを待ってからゆっくり聞きアワセを入れてみましたが餌を離してしまったみたいでボロボロに傷付いた鰯だけが戻ってきました。

その後はまたアタリの無い時間だけが過ぎてタイムアップとなりました。やっぱり難しいです。同行した日進梅森店の山内さんはしっかりとヒラメGETしていました。

今回防寒対策にリトルプレゼンツのオーシャングローブを使用しましたがこのオーシャングローブがかなりスグレモノ。ヒラメ釣りでは冷たい水の中に手を入れる事があるのですが完全防水&分厚い素材で水の温度も感じない上に風もシャットアウトしてくれるので真冬の釣りには大変重宝します。フィッシング遊各店にて販売しておりますのでご来店の際に是非手にとってみて下さい。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,