濁りを避けてポイント移動が吉!

dsc_4925
釣りジャンル
エリア ,
場所 静岡サーフ
釣行日 2017年01月10日
アングラー 静岡池田店 宮越香太
天候 晴れ
対象魚 フラット
タックル ロッド:モアザンブランジーノ109ML
リール:セルテート3012H
ライン:1.2号PE+フロロ7号
ルアー:ビーチウォーカーハウル21g+ハウルシャッド5インチ(パールピンクラメ)、アクアリザスター、サスケ烈波120、ロウディー130など
その他 当店より車で20分程

連日絶好調の静岡サーフに行って来ました。早朝5時、最近コノシロナブラが起きているポイントに入りました。暗いうちからミノーを投げていると、ゴミが引っかからず良い感じです。しかし、前日の雨、ウネリから波が高い状況でした。暗いうちは何も起きず、6時半の朝マズメに突入!ナブラが起きることを期待して前回ブリが釣れたサスケ烈波120をキャストしてその時がくるのを待っていましたが、太陽が昇っても何も起きません。高い足場から辺りを見回すと濁りが強く残念ながらナブラが起こりそうな気配ではありませんでした。諦めて9時頃、東のポイントに移動しました。案の定、水が澄んで良い感じです。フラット狙いで、ビーチウォーカーハウル21gで開始。教科書通り着底してから5回巻きストップの繰り返しで誘います。ラン&ガンしていくと、着底して5回巻き、次のフォールでゴゴン!と何かがヒット!激しい首振りで波際でよく暴れて上がってきたのは53cmマゴチでした。恥ずかしながら自身初のマゴチだったので感無量!ハウルを信じて使えば釣れるもんですね~。次はヒラメを狙いたいです。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: