2017初磯

DSCF1519s
釣りジャンル
エリア
場所 東伊豆菖蒲沢
釣行日 2017年01月12日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候 晴れ
対象魚 メジナ
タックル がま磯SPインテッサ 1.5号5.0m
道糸2号
TFゼクトG2、DUELウェーブマスターML
がまかつ競技口太6号
マルキューグレSP V10
その他

2017年初釣りは寒波襲来の天気予報の中、これを逃すと来月まで磯に行けない月間スケジュールのため、西寄りの強風であちらこちらの渡船が出船を見合わせる中、西の風でもなんとか竿を出すことが出来る河津町に近い菖蒲沢の磯へ萩原さんと行って参りました。

空が薄らと明るくなり始め、到着して船が出る頃には景色が見えるようになりました。港や近い磯の周りは比較的静かですが、風が吹き付ける沖は白波が立っていました。私たちが渡礁したのは「鵜の根」と呼ばれる磯です。きっと海鳥たちが羽を休める静かな磯だろうと予想していました。しかしこの日はウネリもあり、どこもサラシが大きく出ていました。このサラシの景色に思わずヒラスズキに思いを馳せてしばらくルアーを振りましたが反応は無く、早々にマキエを準備して、風裏で釣り開始。間もなく30cmほどの口太を一尾キープ。萩原さんもコッパサイズに苦労しながら30cm超のサイズをキープしていました。風は強まったり、急に静かになったりと状況は落ち着きません。正午頃、萩原さんの釣り座はいよいよ向かい風が強くなり、竿が出し辛くなりなりました。ここで2人並んで釣り再開します。するとその直後、明らかにそれまでとは違う強い引き込みに萩原さんが慎重に竿を立てて取り込んだのは、この日一番となる40cm超の口太でした。私にもほぼ同時に38cm。時合いかな?などと言葉を交わしつつ振り込み続けますが、大物は続かないまま15時納竿となりました。今年も好スタートとまではいきませんでしたが、短いシーズンまだまだ頑張ります。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,