磯釣り新年会2日目雲見

DSCF1561s
釣りジャンル
エリア ,
場所 松崎町雲見
釣行日 2017年01月25日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候 晴れ
対象魚 メジナ
タックル がま磯SPインテッサ1.5号5.0m
道糸2号
ハリス1.75号
グレパワーV10SP
その他

磯釣り新年会2日目、雲見温泉の三楽荘さんに宿泊して休養充分の戸塚さんと服部さんとで、この宿の渡船である佐市丸さんにお世話になり、釣りビジョンの釣果情報のコーナーをご覧の釣り人の皆さんには富士山と磯の景色は有名な雲見の磯へ、実に14年ぶりの釣行となりました。港を出ると、風は弱い北東寄りですが、水温14.8度で前日来の西からのウネリが大きく残り、船長は表の沖磯を無理と判断し岩地大根へ渡礁となりました。風は前日とは違いますが、ここでも前日同様に波が砕けてシブキが磯の上を舞っています。西(沖)向きはハエ根と大きなサラシで釣りは無理そうです。裏向きは静かでシモリ根が点在していますが、それがほぼ全て見てとれる5~7mほどの水深の浅場です。準備を整え慎重にポイントを考えながら釣り開始。そして二日目も最初の1尾目は服部さんでした。しかも初日同様31cmをキープし、初めての磯をエンジョイしております。私は磯から20~30mほど遠投しながら潮目を狙い、午前9時頃ようやく30cmほどの1尾目をキャッチ。これがオナガなのには驚きでした。戸塚さんがキャッチした同サイズもオナガで、どうなっているのか顔を見合わせました。午後2時まで頑張りましたが私がキープした30cm以上のメジナは5尾でした。やっぱり磯は楽しいです。来年も新年会の再開を約束しつつ帰路につきました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: