春告メバル開幕?

DSCF1579s
釣りジャンル
エリア
場所 用宗港
釣行日 2017年02月07日
アングラー 鈴木 幹弘
天候 曇り
対象魚 メバル
タックル がまかつ 宵姫EX S610UL
エステルライン0.3号
スイミングコブラ1.5~2g
その他

立春を過ぎ、今年もそろそろかと用宗港へメバル釣りに行って参りました。

メバルと言えば私の釣り友の中ではこの人、戸塚さんです。今回の釣行も「そろそろ産卵し終えた頃かもしれないから行ってみようか?」とのお誘いから、これまたいつも通り戸塚さんは電気ウキのエサ釣り、私はライトタックルのルアーで狙います。この日は北風で気温3度、準備を整えて車を出る時には2度を表示していました。さて、釣り開始。開始30分、「フグが突いてエサを取られる」と言っていた戸塚さんの竿にそれまでとは違うアタリです。ゆっくり取り込んだのは27cmの本命メバルでした。いつもならこれを皮切りに・・・といきたいところですが、その後30分ほどはまたもフグ、私の方もワームをフグの口の形にちぎり取られます。ワームの3か所にフグの歯型が付いたところで新しく34のオクトパスに交換します。その第一投、モゾモゾっと何かが触った感触が竿先から伝わり、思わずリールを巻く手をふっと止めました。次の瞬間、ググッと持って行かれるアタリです。約一年ぶりのメバルは20cmと小さいながら嬉しい一尾となりました。まだお腹が大きいようでしたのでそっとリリースしました。その後寒さで手がかじかみ、キャスト切れしたところで納竿としました。少しずつ暖かくなるに連れ釣果も上昇することを期待して帰路につきました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: