荒天の石廊崎磯

DSCF1656s
釣りジャンル
エリア
場所 南伊豆石廊崎
釣行日 2017年03月26日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候
対象魚 メジナ
タックル がま磯SPインテッサ1.5-5.0m
道糸2号
TFゼクトG2
ハリス1.7~2号
グレ鈎6号
グレパワーV10SP
その他

3月になって伊豆半島のウキフカセが好調に推移しており、いつ行けるか楽しみにしておりました。ようやく釣行出来たのは下旬にさしかかる26日となり、南伊豆の宮島丸さんにお世話になり石廊崎の磯へ行って参りました。

前日の予報では春らしくない北寄りの風が吹き、午前9時頃の北北東8mをピークに、終日雨模様とのこと。磯限定にはなるものの、船長は磯へ渡して下さるとのことで、不安が7割と期待が3割ではありましたが、5時30分出船となりました。私が渡礁したのは「コホウロク」という、石廊崎の磯群の中では西寄りに位置する磯でした。早々に準備を整え釣り開始。ところが、磯の右先端に当たった波が砕けて、ほぼ一面が大きなサラシとなって、コマセは一気に消え去り、ウキはスーっと流され釣り辛いことこの上ない状況です。それなら!と、サラシが切れる隣りの磯との間、約30m程沖をポイントと決め、遠投します。しかし、エサを取られることもなく、時間だけが過ぎたため、仕掛けを換えてサラシの下に沈めてみます。最初は道糸を張って我慢、1mほどウキが沈んだら少しずつ糸を出して馴染ませました。一度の投入が長くなるため、手返しは悪くなりますが、これでなんとか28~33cmのクチブトと28cmのオナガをキープすることが出来ました。状況の良い日にすぐにでもまた行きたい今の気持ちであります。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,