カツオシーズン到来!!~マグロ2DAYS~

オーシャンフラッシュで鰹
釣りジャンル
エリア ,
場所 志摩沖
釣行日 2017年06月23日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 キハダ・鰹
タックル 竿:カーペンターブルーチェイサー86/10~83/25各種
リール:シマノ ステラ5000XG~14000XG
ライン:PE2.5号~6号
リーダー:50~130lb
キハダ狙いルアー:30g~100gペンシルベイト各種
鰹狙いルアー:20~50gジグ、シンキングペンシル各種
その他 志摩「ほっぺ毛丸」さんにお世話になりました。
連絡先:船長携帯090-2682-6147

今回はもうすぐ新艇になる志摩の「ほっぺ毛丸」さんをチャーターしてのキハダ&鰹キャスティング!今シーズンは鮪のキャッチの情報が思ったより各船より早く届きだし慌ててスクランブル!事前の情報収集が釣果のカギを握るこの釣りはそのあたりも抜かりなく早朝よりポイントである沖の漁礁「#2パヤオ」へ。到着後パラパラ鳥は飛んでいるものの今一本格的なナブラにならない・・・しばらくした後鰹がポチョポチョと飛沫を上げる。とりあえず小型のジグをセットしたキャスティングタックルで狙ってみるが以外と釣れない(これって例年なら反則なぐらい釣れるのですが・・・)「おっかしいなー」っと頭を抱えつつ次のナブラへGo!今度はキメジ~20kgサイズのキハダの混成ナブラを見てしまう・・・これがイケナイ。チョイスするタックルに迷いが生じ始める。但し今回は2DAYチャーターにしてあるので数投して反応のチェックをする。とりあえず鰹が食べたいのでタックルは鰹狙いに決断。そうしてまずは1本目をキャッチ!その後何回かのナブラをインターバルにポロポロと追加。午後から夕方にかけて水面が盛り上がる強烈なナブラを起こしてくる(もちろんここでもヒット!)これは・・・明日にも期待!である。この日は鰹5本にて終了。船長と共に反省会という名の宴に行き夜が更けていきました。  続く・・・

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: