~キハダ2DAYS~ 後編

二日目鰹釣果
釣りジャンル
エリア
場所 志摩沖
釣行日 2017年06月24日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 曇り/晴れ
対象魚 キハダ・鰹
タックル 竿:カーペンター ブルーチェイサー86/10~83/25
リール:シマノ ステラ500XG~14000XG
ライン:PE2.5号~6号
リーダー:50lb~130lb
マグロ狙いルアー:30g~100gのダイビングペンシル各種
鰹狙いルアー:20g~50gジグ、シンキングペンシル各種
その他 志摩「ほっぺ毛丸」さんにお世話になりました。
連絡先:船長携帯090-2682-6147
さて前日に引き続き志摩での朝を迎え一目散に#2パヤオに向かう!!(船長無理言ってゴメンナサイ)前日の最終のナブラがどうも頭に焼き付いている。さてそんな期待を胸にうっすらとパヤオが見えた頃には鳥がかなり飛んでおり気配はムンムン!ハッキリ目視でパヤオが見える距離に近づくとキハダが飛んでいるのが見える!!昨日より活性高いじゃん!!テンションはだだ上がり!夢中になって右往左往。何度かジャストのタイミングでナブラに投入しているが一向に私のルアーには食いつかない・・・そんな中同船者にはヒットするものの鰹。ちょっと怪しい引き(多分キハダ)をするものはラインブレイク・・・そして遂に私にもヒット!!今年初ヒットなので感覚がついてこないのでドラグはやや緩め・・・ファイトポジションも悪く船上を引っ張られ艫に移動そして気付いたときには魚がハネル・・・ハネル!?・・・色が違う、形が違う、何かが違う・・・そう皆さんよくご存知の奴です。「シイラ君」です。久々にがっかり・・・ヒットの瞬間が余り見えていなかったので完全に鮪だと思い込んでファイトしていました。その後マグロのナブラは鰹が多めのナブラに変わっていったので、タックルも鰹狙いにシフト!但しこの日は前日よりよく姿が見える割りには食いが悪くなかなかキャッチできず何とか1本はキャッチしましたが、全体的にルアーのチョイス、ナブラへのアプローチを考えさせられた一日でした。
2日間狙い続けると見えてくるものは多いので次回以降のプランの組立に参考にしたいと思います。
今年も何とか1本獲りたいものです・・・

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,