重さと反射と釣果の関係は・・・やはりあった!

DSC_0071
釣りジャンル
エリア ,
場所 なぎさ丸
釣行日 2017年07月09日
アングラー web店 村木俊彦
天候 曇り
対象魚 いろいろ
タックル オーシャンソード65
セフィアCI4C3000HG
PE0.5号
オーシャンフラッシュ30g,50g75g,100g
その他
チャーターなので何釣りしてもいいということでフラッシュジギングに挑戦してきました。
水深15~20mライン。使うジグはもちろんオーシャンフラッシュ!まずは着底を早めるために50gを、浅場での反射を優先してシルバーをチョイス。狙いが五目なのでアシストフックはフラッシュアシストのM。軽く投げて着底。しっかり糸ふけを作り(ここが大切です)ひらひらと落とすイメージで動かします。が、反応がない。悩みます。しゃくり幅を大きくしたり小刻みにシェイクするイメージにしたりと繰り返すも反応なし。周りも決して好調というわけではない様子。
じっくり見せる方針に切り替え30gに変え、カラーもローライトで目立つようピンクに、フォール時の抵抗をつけるのにフックをLに。自分の一番好きな組み合わせにしてまず一投。着底から1しゃくりでいきなりヒット!小型ですがアカハタでした。投げすぎると着底を見失うので軽く投げる程度にし、じっくり底から、ときどきしゃくり幅だけを大きくし、見せながら誘うと「ガツガツガツ」何やら激しいアタリ。しかも底から離れてもよく引く!上がって来たのは・・・オニカサゴ!?
水深15mでオニカサゴさん登場・・・海は不思議がいっぱいです。
その後は小さいシイラやコサバが遊んでくれましたが根魚やタイ、アジ、イサキは釣れず納竿となりました。各地でイサキが釣れています。スーパーライトジギングぜひお試しください。ジグとフックのダブルの反射が様々な魚を魅了します!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: