御前崎沖のタイラバ釣行!!

DSC_6057
釣りジャンル
エリア
場所 御前崎沖
釣行日 2017年07月13日
アングラー 焼津街道店 宮越香太
天候 晴れ
対象魚 マダイ、カサゴ類、ハタ類など
タックル ロッド:ゲーム炎月B77M-S
リール:炎月CT101PG
ライン:PE1号+フロロ7号
ルアー:タイガーバクバク120g、150g、200g、ネクタイ『イカタコカーリー』など
その他 当店より車で1時間ほど。
シマノ様主催の小売店のスタッフ向けタイラバ勉強会に参加させて頂きました。今回は御前崎を代表するタイラバ船の伊達丸さん華丸さん太平丸さんの3船に振り分けられ、私は華丸さんにお世話になりました。御前崎港を出船して約50分程沖へ。6時釣行開始、同船したシマノフィールドテスターの赤澤氏にタイガーバクバクのセッティング方法と釣り方をレクチャーして頂けました。その赤澤氏は前日なんと82cmの大ダイを釣る上げられている超プロフェッショナル。期待が高まります。水深60~70mくらいでドテラ流しなので、使うヘッドの重さは120g、150g、200gと重めを使いました。色はゴールド、レッド、オレンジなどが良く、ネクタイは純正の状態でも反応が良く、『集魚ネクタイ イカタコカーリー』のレッドも好反応でした。巻き方はゆっくり目の方が反応が良かったです。今回使用させて頂いたタイラバロッド、ゲーム炎月はパワーがあり大ダイや青物でも十分粘って対応して、さらにティップが柔らかいのでバレ難い特性があります。今回5ヒット5キャッチできたのもゲーム炎月のお陰だと思います。さらに、リールの炎月CTは究極のタイラバリール。2つの等速巻きを可能とする機能があり、一つは『メトロノーム機能』ピッピッと音が鳴り、目線は竿先に集中し、音で等速巻きをサポートしてくれる機能があり、速度を7段階調節できます。また、『巻き上げ速度表示モード』では液晶画面にH-4とかH-5などの表示をすることもでき、液晶画面を見ながら等速巻きをすることができます。ハンドルのノブにも拘っており、EVAで滑り難い特殊形状でマダイのアタリの時に滑り難くなっています。これらのタックルを駆使し、沖上がりの13時までにマダイを5枚釣ることができました。最後は3人同時ヒットもありました。私は諦めて回収しようと巻いてきたときに、まさかのヒット。5人中4人ヒットのドラマもあり、とても実りある釣行となりました。シマノの赤澤さんは気さくで話しやすく知識が豊富で今後の釣行に役立つ情報をたくさん教えて頂きました。また華丸の植田船長もかなりの研究家で船の流し方、釣り方、魚の絞め方などとても拘りのある船長でした。船長に絞めてもらったマダイは、捌いても血が出なく、臭みが全くない綺麗な美味しい刺身ができました。今回の釣行は色々な方のサポートがあり、『落として巻くだけタイガーバクバク』というコンセプト通りの爆釣激を体験でき大満足な釣行でした。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: