鳥羽のスーパーライトジギング

20170719_152003
釣りジャンル
エリア
場所 鳥羽
釣行日 2017年07月18日
アングラー 四日市店 橘 秀夫
天候 くもり
対象魚 イサキ、アジ、真鯛など
タックル 竿 オーパデザイン OSE-LJS63L
リール シマノ エクスセンスBBC3000HGM
ライン PE0.8号 リーダー4号
ルアー オーパデザイン オーシャンフラッシュ30gやTG25g、40g赤金・緑金など
ハリ フラッシュアシスト SとM、がまかつワームフック329 1・1/0など
その他

鳥羽の山洋丸さんでスーパーライトジギング調査に行ってきました。1日目はこの時期は珍しい北風強く、船の流れ方も早い。水深はかなり変化するポイントで20~10mです。ベイト反応はすこぶるよく。魚探には真鯛やサワラらしき大型の魚の反応も多い。オーシャンフラッシュ30gでは落ちるスピードが遅くしっかり沈まない、TG40gがベストマッチ、船が進む方向にキャストしてカウント3~10秒で探ります。根がかりが多いので底取りしません、またイサキは上層~中層であたることが多い為です。船中真鯛やカサゴ、アジは釣れますがイサキは私の1のみ。それでもいいサイズの真鯛やキジハタ、アジが釣れました。
2日目は南東の風で流れ方もちょうど良い、潮が緩い時はオーシャンフラッシュ30gで早い時はTG40gを使用しました。しかし昨日同様、イサキのアタリはすくなく船中2、アジは多数です。でも思わぬワラサとシオ(カンパチの小型)が竿を絞り込んでくれました。
この釣りではイサキに限らずほとんどの魚がターゲットになります。アクションや棚をさぐりあてていくのがとても面白い。山洋丸さんでは風の出てくる午後便8000円でSLJ便出ています。快適に楽しくSLJが楽しめますよ。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,