船タチウオ エサ釣り!

DSC_6662
釣りジャンル
エリア ,
場所 焼津沖
釣行日 2017年09月13日
アングラー 焼津街道店 宮越香太
天候 晴れ
対象魚 タチウオ
タックル 竿:海明30S-255
リール:フォースマスター2000
糸:PE4号
仕掛け:ライト天秤40cm+水中ライトレインボー+オモリ100号、
ハリスフロロ8号~12号+夜行玉ハード5号+夜行シラス各色+ムラムラパイプ+ストレートワームフック2/0、3/0
エサ:サンマ切り身
その他 出船場所は当店より車で15分、快弘丸さんにお世話になりました。
M氏と快弘丸さんにお世話になりました。2時集合の15分くらいに出船で焼津沖には10分くらいで到着。先行の船宿さんが何船かいました。今回の仕掛けはライト天秤40cmに水中ライトのレインボーをオモリ100号を取り付け、フロロのハリスで8号と12号を使った仕掛けを5本作って行きました。針はオーナーのストレートワームフック2/0、3/0、タコベイトは夜行シラスを何色か用意しました。当店は夜行シラスをバラ売りしているので、豊富なカラーから好みの色を選ぶことができます。さて、実釣です。水深50m前後で反応が35m付近と指示があります。とりあえず、サンマのエサを付け投入。水深40mくらいまで落とし、シマノの誇る低速巻き1で巻き上げます。すると35mでゴンゴン!何かがヒット!これは幸先が良いと思いましたが、上げると大きいサバフグでした。気を取り直して再投入。すると同行のM氏にヒット!良型の指3.5~4本クラスを連発です。すぐにパターンを掴んだようで、手返しが凄い!さすがです。どうやら、食いが浅いようで低速巻きでアタリがあったら一旦止めて食い込ませると掛かるようです。タコベイトも今回は夜行シラスでは無く、マルフジのルミックスダンサーにしているようでそれもどうやら効果があるようです。私にも待望のアタリが、手持ちにして低速で巻いていると、ゴゴゴン!!海明255がバットから曲がります。気持ちイイ!!タチウオのずっしり重い引きに癒されました。その後はパラパラ釣れ、明るくなるにつれ、反応が60m、70m、80m、90mと深くなり難易度が増しましたが、適度に釣れ15匹釣果でした。M氏はコンスタントに釣れなんと26匹釣果でした。ジグでも反応がずっと良かったようで、船長は操船しながら入れ掛かりの40匹越え釣果でした。凄すぎです。夏場身がパサパサしていたようですが、これから脂が乗ってきて美味しい時期になってきているようです。船タチウオリベンジ決定です。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: