土肥沖アカムツ調査&コマし込み

imafdfage1
釣りジャンル
エリア ,
場所 土肥沖
釣行日 2017年09月06日
アングラー 静岡池田店 野平 光史郎
天候
対象魚 アカムツ・真鯛
タックル 真鯛
ロッド:剛樹
GチームマダイスペシャルS300
リール:シマノ
フォースマスター1000MK
ハリス4号15m 2本針 針:がまかつ TKO11号 ハリス:バリバス ハードトップアクアグリーン4号

アカムツ
ロッド:剛樹
Gチーム ブルーバイト235
リール;シマノ
電動丸3000H
吹き流し4m3本針 針:オーナー OHアカムツ16号 ルミックスダンサーティンセルオレンジ
その他 西伊豆土肥港
第十七とび島丸
そろそろ秋真鯛に向けて土肥沖にコマし込みを始める時期になったので湘南MCC・和田名人と二人で行って来ました。船はお馴染みとび島丸様。我々2人のみでの出船だったので船は十七号で普段よりもちょっと早めに出船で.
真鯛のコマし込みの前に船長からの提案で噂のアカムツを調査してみる事に・・・。深場は鬼カサゴ位しかまともにやらない私はこんな感じかな?って想像で作った4m位の吹き流し3本針仕掛けで。
和田名人はフロート入りの胴突き3本針でスタート。健司船長もアカムツは初挑戦なのでとりあえずいそうなところに仕掛けを落としていくもなかなかアタリなく苦戦!
しかしそんな中強めに誘っていた和田名人に何やら怪しい引きをする魚がヒット。水深が200mもあるのでバラシが怖いですが無事ゲット!本命アカムツ650gでした。
吹き流しの私はなかなかアタリが無く我慢の展開でしたがちょっとした溝のあるポイントに差し掛かったところで私も待望のヒット。サイズはちょっと小さくなってしまいましたが450gのアカムツでした!
アタリも続きそうなのですがなかなか続かず、真鯛狙いに移行。
こちらはテンポよく転々とポイントにコマセを撒いていきます。土肥の瀬、シノギ根、小下田、森合わせ、黄金崎と南下しつつ反応を見ますが・・・釣果は全くついてきません。反応出てきた所もありましたが見切られているのかアタリだせず小型のみ。さすがに今の時期の真鯛は難しいですね(T_T)/転々と移動する我々に土肥沖でカツオが跳ね始めたと無線が入り、真鯛が釣れないのでやめてカツオ釣りに!笑
もちろんカツオの道具はもっていないのでアカムツに使っていた道具でそのままカツオスタートで。私は遠征五目竿、和田名人はイカ竿でカツオに挑みます。型が1kg前後と小さいので何とかなります。ハリスも5号、マダイ針10号なのでバラシまくりでしたが、太ハリスにカツオ針で投入するとあまりにも潮澄んでいるせいか見切られまくりでアタリゼロ。やはり状況によってハリスの太さや針の大きさは重要ですね。結局取り込みに苦戦しつつもカツオ7本!和田名人8本ゲットで終了でした。秋真鯛はまだまだ先になるでしょうか。水温と、状況みつつ月末位にはスタートになってほしいですね。カツオは伊豆だけでなく駿河湾一帯に再び大回遊しています。御前崎方面では方も3kg級やキメジも多く、再びカツオ釣りが始まる予感です。期間限定!凪見て是非お早目に御釣行下さい!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , , , ,