鳥羽沖のサワラ・ブリジギング

1505992145971
釣りジャンル
エリア ,
場所 鳥羽沖
釣行日 2017年09月19日
アングラー 四日市店 橘 秀夫
天候 晴れ
対象魚 サワラ・ブリ
タックル ロッド クレイジーオーシャン LJ61ML
リール シマノ オシアコンクエスト300HG
ライン PE1.5号 リーダー フロロ12号+20号
ジグ TGベイト150g メタボスイマー160g TGヒデヨシ140g
その他
鳥羽の山洋丸さんで好調のサワラジギングへ。台風18号が過ぎて荒れ後どうか?期待に胸ふくらませた釣行。
まず、最近よく当たる気がしている、タングステンジグのTGヒデヨシ140gや160gをセット。ポイントにつき早巻きホールでサワラを狙う。船中なかなかアタリが無いが、タチウオが上がりはじめる。指3本ないぐらいが多いがこれもまた楽しい。
サワラのファーストヒットは関君に、90cmUPの良型である。TGベイト150g緑金にヒット。次はだれよりも素早くジグを投入していたこぐまさんにヒット、TGヒデヨシ160gアカキン。ポイント付いてからの投入1発目、さすがです。ポイントついてから1投目のヒット確率は高い。私の方はTGヒデヨシ140g緑金にて着底同時にジグのテンションがなくなる。リーダーの上でラインカットに合う。タングステンジグはアタリも多いがこのようなラインカットも多い気がする。
その後タチウオはポツポツとヒットするものの本命はアタリなしで終了。全体的には厳しい状況でしたがタチウオに癒されました。
その数日後、お客様2名と山洋丸さんでリベンジ釣行に。この日はタチウオの気配はなくなり、ブリの気配がある。TGベイト150g緑金、着底後の早巻きですぐにヒット。トルクのある引きを楽しむことができました。この日は船中全員にサワラやブリのヒットあり、またサゴシやハマチ、真鯛などにぎやかな釣果でした。このところ10kオーバーのブリも上がっています。サワラに加えてブリやタチウオ、楽しみがますます増えてきました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,