状況変化と魚の活性 

012
釣りジャンル
エリア
場所 三川フィッシングパーク
釣行日 2017年09月22日
アングラー web店 田中 浩二
天候 くもりのち雨
対象魚 へら
タックル 竿 10尺
ライン 0.8号
ハリス 0.5号
はり  7号
ハリス長さ 20-27cm  25-35cm
エサ  カルネバ マッハ 棲麩 浅ダナ1本
その他
今回は、三川フィッシングパークにヘラ釣りに出かけて来ました。天候はくだりで午後からは雨の予報でした。スタートはメーターの両ダンゴで入りました。
半ボールほどエサを打ち返しましたがあまり反応がなくあとから来た年配の方の方が先に釣れ出しました。その後も少しエサを打ち返しますがへらがあまりよっていません。少し手を止めてとなりの方を見ます。
仕掛は、ほぼ同じでどうもエサのタッチだけが違うようでした。こうも違うかと少しエサをさわるも決め当たりはなく難しい・・・  一回目のエサを打ち終えて5枚のスタートでした。
エサを作り直して 再開です。タナを少し深くして少しエサが持つようにねばりの出るエサを多めにしました。すこしつづあたりも出てへらのよりもよくなり釣れるようにここで釣りをスタートのセッティングに戻します。不思議と良く釣れる・・・?エサもスタートのエサを作り試すとこれもまた釣れる・・・棚を少し浅くして行くとさらにアタリが早くなり良くなりました。結局なにがわるかったのか良くわかりませんでしたがたぶん朝は日が出ておらず 魚の活性も低かったのだと考えます少し日が射して状況が変わったと思います。ほんの少しの事でここまで違うかと本当に感じた日でした。。釣り方はエサを持つ方向で少し待って釣るのが正解のようでした。練り込まずにねばりのあるエサを多めの配合で調整しました。

 

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,