志摩沖キハダ釣行

1506312763570
釣りジャンル
エリア , ,
場所 尾鷲~熊野沖
釣行日 2017年09月23日
アングラー 本部 源崎
天候 晴れ
対象魚 キハダ・カツオ
タックル キハダ用…ロッド:8ftクラスツナロッド/リール:ソルティガ6500H/ライン:PE8号+ナイロンリーダー150~170lb
カツオ用…ロッド:7~8ftシイラ・青物用ロッド/リール:ツインパワー5000HG/ライン:PE2号+フロロリーダー30lb
その他

シーズン終了間際に新群れでどっかんどっかん釣れてた翌日、志摩沖に行ってまいりました。船は第八純成丸様にお世話になりました。

朝5時出船で熊野方面に向かいます。尾鷲沖で鳥はたくさん飛んでいますが、魚はなかなか頭を上げず正体不明…しばらくしてカツオらしきボイルが発生しますが、これは足が速い!なかなか捉えきれずにいましたが、固まって出たところにのソアレメタルショットTG32gをキャスト!一撃でドン!姿は見えましたが、ドラグは弱めなので見えては走られ見えては走られでバラシ!結構良型でした… そのあともキハダは見えず、カツオの追っかけです。だんだんボイルがよく出るようになってきてから再びヒット!掛かり所が良かったのか割とすぐに浮いてきました。4.5kgの良型カツオでした!そのあと2kgクラスを追加してから再び良型がヒットするもバラシ…

そのあとはなかなか食わずでしたが、同船の杉野さんが良型ゲット!そのあとは続かず…キハダ情報で向かうも何も起こらず、終了となりました。

カツオも漁師の一本釣りでかなり釣れてましたので、まだまだ良型いっぱいいます!キハダもまだ行けそうです!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,