念願のテラアジ

1506036256960
釣りジャンル
エリア ,
場所 紀伊長島 海野
釣行日 2017年09月21日
アングラー 鈴鹿店 小林 彰
天候 晴れ
対象魚 マアジ
タックル ロッド がまかつ EGTR-S510 M
リール シマノ 07ステラ C3000
ライン PE 0.6号
リーダー フロロ 3号
その他
9月21日(木)にまたしても和栄丸さんに乗らしていただきました。前日までの雨で、少し濁りはあるものの波も風も大したことなく、5時半に出船しました。今回は(テラアジのみを狙う)勝負にきました。タックルも感動が絶妙なロッド がまかつのEG-TR S510 Mを使用しました。この日は新月🌑2日目の大潮で潮が川のように流れていたため鉛は25、30号を使用しました。釣り方は至ってシンプルでオモリが底に着いたら、1~2m巻き上げて、その後はアタリが来るのをひたすら待つのみです。シャクリなどはNGです。小さいアジは喰ってきます。ドラグ調整は少し緩めでお願いします。合わせを入れる時だけ軽く指でスプールを押さえます。まずは25号を付けダウンショットを落としていくといきなりアタリが出ました! 船中、初の魚のため大事に上げて来ると、本命のマアジ40cmをタモですくってもらい、地抜き、神経締めをしてクーラーに入れてもらいます。ヒットしたワームはジャッカルのペケリング3インチ のカラーはクリアーに喰ってきました。一匹ゲット!したため気も楽になりました。リーダーをチェックして、傷がなかったためワームだけをオーパーデザインの海毛虫に変えて、クリアーを落としてみるがアタリが出ず、カラーを#7のメロンソーダにチェンジして落とすと、何かが触ったような感じがあり、一度ラインを巻き上げてワームをチェックしてみるとワームが少しズレていたためセットし直し、再度海底に落とすとまたしてもモゾモゾ感じたため合わせを入れると今まで感じたことのない重みがズシッと手元に来ました。ドラグはズルズル糸が出て巻けた感が全くない、少し巻いてはまた出されやり取りし初めてから8分位で白い魚体が見えた時今までの魚とは全く違うデカさでした!タモに入った瞬間、皆がやったな~。おめでとうございます。早速、魚体の長さを測ってみるとギリギリ50cmありました。テラアジ釣りました!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,