秋の紀州釣り修行~その1~

天満浦
釣りジャンル
エリア
場所 尾鷲 天満浦
釣行日 2017年10月01日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 チヌ 他五目
タックル 竿:がまかつ チヌスペシャル黒冴 0.6-53
リール:トーナメントISO 2500SHLBD
道糸:サンライン ブラックストリーム2号
ハリス:サンライン ブラックストリーム1.25号
鈎:チヌ鈎4~6号
ウキ:自作4B
その他 餌(刺し餌):アケミ、オキアミLL、コーン、サナギ他
餌(ダンゴ):米ぬか、砂、荒びきサナギ、押し麦、コーン
 最近秋らしくなってきたので色々釣れる堤防へ行ってみました。狙いは一応チヌ!?週末の堤防なので混雑は予想されますが、「その中で釣ってこそ名人というもの!」と勝手な解釈をしいざチャレンジ!さて今回チョイスした紀州釣りは幼少の頃から永年やっている釣りなので久々にやっても体が覚えているのですが、本来静かな場所で楽しむもの。ルアーやエギ、サビキ仕掛け等が飛び交う週末の堤防でどこまで通用するのか?!今回入ったのは天満浦の突堤の内向き。車が横付けできる尾鷲の堤防釣りの一番メジャースポット!当然あさ6:00にはずらりと人が並ぶ。先端より2組ほど中に寄った所でいざ!開始。何という情報も無くただなんとなく釣れそうかな~っと思った所にダンゴを打ち返す。底の地形もだんだん把握でき棚も合い始めた頃から色んなアタリが出だす。まずはアジ。隣のサビキにも好調にヒットしているので当り前ですが、続いてコッパグレ。これも定番少し日が高くなってからゴンズイのラッシュ!トドメにヒガンフグ。でもチヌ釣り場のエサ取としては中々有望だと私は思っているので、根気よく打ち返しているとヘダイのラッシュに突入。これがまた小さい。少し刺し餌のローテーションでしのぎやっとチヌが来た!と思ったらカイズサイズ・・・アジと大きさが変わらない・・・それでも週末の堤防で何とか本命をゲットできたので嬉しかったです。他にもボラや最近多い小型のハタ類。(オオモン、アカハタ、アズキマス等々)とにかく魚種豊富で一日中何かは釣れていたので楽しく過ごせました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,