本気で太刀魚ジギング!!

山洋丸全体
釣りジャンル
エリア
場所 鳥羽 本浦
釣行日 2017年10月12日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 太刀魚、サワラ、鰤
タックル 竿:EG スロージャーカー 2,3oz
リール:シマノ オシアカルカッタ300HG、オシアジガー1500HG
ライン:スーパーファイヤーライン1.2号、1.5号
リーダー:ブラックストリーム6号、8号+DUEL船ハリス28号
リング:ASS SUSリング5.3m/m + hot's スプリットリングタフネス#3
アシストフック:カツイチ パイク2/0、オーナージガーライトトリガー JT-23
    自作ワイヤー入りとフロロ入り
ヒットルアー:メタボスイマー160g、130g
その他 鳥羽 本浦:山洋丸さんにお世話になりました。
先日の太刀魚の入れ食いが楽しかったのでもう一度行ってきました。今度はクレイジーオーシャンの太田氏と”二人でガッツリ太刀魚を釣ってやろう!”と釣り開始。着後3ジャーク先日はこれで釣れたのに・・・と思いながらさらに2ジャークでヒット!もちろん太田さんもヒット!今日は2人とも2連、3連、4連とひたすら続き、最初の一流しで二人とも10本キャッチ!同じく二流し目も7本程入れたが太田さんは二桁。太田さんは電動ジギングを投入。私はサイズアップを求めフォール中心に組立変える。この辺りから釣果に差が出始めた。電動で巻き上げる分ヒット~回収の手返しがやたら早いのとこの日はどういう訳か上げのやや早い目のアクションが非常によくアタっていた為私の方はアタリが遠い。但しヒットすると4本サイズが多かった。電動ジギングはひたすら爆釣を続けている。先日の入れ食いよりややペースダウンな私。何が違うのか・・・どうもプレッシャーのような感じ。いつまで経っても上げの速いアクションでしかもアタリが出てから10mも20mも上まで追いかけてきてバイトする。こうなってくると電動の独壇場。着底からヒットまでが格段に早い。悩みながら何とかサイズアップのパターンを探そうとするが、結局掴みきれず・・・下げ潮の時合でハーフピッチが決まっていた時が一番サイズ良かったようだった。午後の下げ潮のタイミングで鰤キャッチの情報が入ってきた。丁度目の前の船だったので、もしやと思いスロースタイルで着底後2ジャーク「こう言うフォールがよう釣れるよ~」とか船長と話していたら案の定ヒット!慎重にやり取りし上がってきたのは8kg弱のケンカ鰤。太刀魚は二人で100本以上!やっぱりアタリの多い釣りは楽しい~!!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,