三週連続で土肥沖秋真鯛

22449860_1503441519748154_5246299021954180768_n
釣りジャンル
エリア ,
場所 土肥沖
釣行日 2017年10月13日
アングラー 静岡池田店 野平 光史郎
天候 雨〜曇
対象魚 真鯛
タックル ロッド:剛樹
GチームマダイスペシャルS300
リール:シマノ
フォースマスター1000MK
仕掛け:4~5号15m、1~2本針
ハードトップ船ハリス アクアグリーン使用 針:がまかつTKO11~12号
その他 西伊豆土肥港
第十八とび島丸
先週に引き続き今週も、、、とうとうこれで3週連続となりましたが10/13、今週も土肥沖の秋真鯛へ行ってきました。船はもちろん第十八とび島丸様。
先週もそうでしたがこの日も絶好の曇天。低気圧で真鯛日和です。私を入れて7人で出船。
ポイントは港からわずか5分の土肥沖で。
この日の仕掛けの指示は朝一ハリス5号、10~15m。ワラサ等青物狙いの人は短く、タイ狙いの人は長くといった感じでしょうか。普段ならタイ釣りはハリス4号でやりますがワラサが多いため朝一は様子見で私も5号15mの2本針、針はがまかつのTKO12号という石花海大鯛と同じ仕掛けで始めてみました。
水深約90m、指示タナ65mでスタート。仕掛けがなじむように少し待ってからコマセを振り、仕掛けを張り込んで指示タナへ。あとはそのまま糸を張って待つとすぐにアタリ、まずは1kg!続いてイナダ、マダイ、マダイ、イナダ、サバ、マダイ・・・・・入れ食いです(^^)/
潮は終始上げ潮の湧き潮でしたが、食わせたい場所にコマセを振って、自分の付けエサをそのコマセにしっかり入れる。この動作ができればアタリは絶え間ない一日でした。
タイ釣りでは落とし込みは有効な誘いですが、最近は落とし込んでからの誘い上げで、下を向いたオキアミの姿勢を直す誘いに反応が良い様に感じます。今日は湧き潮だったので余計にそうだとは思いますが(”_”)
コマセが上に上に、魚もそれを追って上に上に。やっぱり魚と自分のコマセ、付けエサとの距離感は本当に大切ですね!
結果2.15kg頭10枚、イナダが6本、ワラサ2本、イサキ、メジ、サバ等でぶっちぎりでした(^^)
土肥沖、かなり良い反応です!コマセ釣りの基本を習得するにはやっぱりこのシーズン!大チャンス到来です!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , , , ,