初タテ釣り

DSC_0308
釣りジャンル
エリア
場所 福井県 三国港
釣行日 2017年10月20日
アングラー 日進梅森店 井上 裕文
天候 晴れ時々曇り
対象魚 マダイ・ヒラメ・ワラサ
タックル リール フォースマスター1000
仕掛け まるふじ 喰わせ獲りサビキショートS-10号
オモリ 80号
その他

福井県の三国港より出船の海運丸さんにタテ釣りに行ってきました。
ここ数日の釣果もとてもよく、イワシのベイトが多く、期待に胸を膨らませ7時に出船。
最初のポイントは出港して15分。すぐに大型の真鯛が釣れたり、その後も少し移動してはの繰り返しで、
イワシのベイト反応を魚探見ながら、船長が把握している漁礁を次々と回ります。
探検丸の画面を見ながら、仕掛けを上げたり下げたり、ベイトがついて底に落とすと、最初に釣れたのはマトウダイでした。
その後ヒラメが釣れ、その後もキジハタやクロソイ、アオハタやイシナギなど、良型の高級魚が次から次ぎへとあがってきます。
イワシの反応がかなり縦長になっていると、青物に追われていることも多く、その後私は、ワラサを3本釣りました。
夕方まで渋くなることもなく、大満足の釣行となりました。釣った魚は船長がすぐに血抜きと神経締めまでしてくれて、次の日からは連日の魚パーティーが続きました。また行きたくなる釣りが1つ増えました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,