鳥羽沖のティップラン

DSC_0158
釣りジャンル
エリア ,
場所 鳥羽
釣行日 2017年11月15日
アングラー 四日市店 橘 秀夫
天候 晴れ
対象魚 アオリイカ
タックル アガリティップランに3000番スピニング、PE0.6号リーダー2.5号
コウガにバルケッタBB、PE0.5号リーダー2.5号
エギは2.5~3.5号、ジグは50~100gを使用
その他

鳥羽本浦のキャスティングヒートさんでティップランに釣行した。
船長さんによると水深20~30前後のポイントでシンカーは20~50gまで必要。この時期は北よりの風が強いのと潮が速い時に対応する為、30g40g50gなどのシンカーをプラスすることが多いとのこと。
当日はトータル70g位をメインに使用それでも底取りが難しい時もあつた。流れが速く穂先には負荷がかかり、アタリは!向う合わせ的な大きなあたりにびっくりした。
エギはダイワのエメラルダスボート2の3号と3.5号を使用。船長によると最近スケルトン系のエギカラーがあたると言っていた。私はお助けリグにベイトリール+タイラバロッド(ダイワのコウガ)で挑戦してみた。下はエギではなくタングステンジグの60~80gやメタボスイマーの80gなど引きオモリの少ないジグをセット。上には2.5号3号のノーマルエギを使用した。
底取りが簡単で根がかりが少なく、早く底が取れるということで手返しが早い。アタリも多かった。不慣れなタックルでトラブルも多かったがそれでもトータル12杯でたのしめました。このお助けリグのジグセッティングは不慣れな入門者の方にもおすすめできると思います。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,