筏ハイシーズン!?

DSC_0129
釣りジャンル
エリア ,
場所 尾鷲市曽根町(賀田湾)
釣行日 2017年11月19日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 黒鯛
タックル 竿:黒鯛工房 THEチヌセレクションXT 大チヌ158
リール:黒鯛工房 THEチヌリミテッドV大チヌ 65-B 左
ライン:サンライン パワーストリーム 2.75号
鈎:がまかつ 手研ぎチヌ 5,6号
オモリ:ガン玉B~0.5号
エサ:ボケ、オキアミ、アケミ貝、コーン他
その他 尾鷲市曽根町 元丸さんにお世話になりました。
連絡先:船長携帯090-2688-9656

前回年無しが釣れたので満を持して行ってきました。私が行った前々日は40cmオーバーで二桁釣果、前日も40cmオーバーで8枚とか「メッチャ釣れてるやん」と思わず船長に言ってしまった程。ダンゴも刺しエサもいつもより多めに用意して(こういう事をするからいけないのですが・・・)朝一よりやってきました。始めに0.5号のオモリで探ってみると何やらアタリ・・・ベラがヒット。投げる場所をかえるとチャリコがヒット!チヌの気配が感じられない。というか魚の気配が少なく3回目はボケがそのまま元気に帰ってくる。取り敢えずダンゴを打ち始める。これと言って変化もないまま時間が過ぎる。「アレッ?前日までと違うんじゃない!?」そう思い始めた時ダンゴを触り始めた。次の投入で本命のアタリ!アワセも決まりいざ勝負!底からは浮かせたものの中層での突っ込みを躱しきれず鈎外れ・・・残念。気を取り直してって頃には何の気配も無し。再び時間だけが過ぎていく。忘れた頃にまたアタリ・・・ダンゴでエサを包むのをやめ落し込みで狙ってみる。答えはすぐに出た!着底を待たずに落ち込んでいく時に前アタリ!そのままついていくと一気に舞い込んでいくようなアタリ!すかさず合せるとズシッと重い。ゴンゴンと首をふる感触が伝わってくる。「本命や!」と思いながらのやり取り。慎重に上げてきたのは40cm程のチヌやっとの思いで釣れテンションが上がるが本日はここまで。その後アタリがパッタリと止まってしまい納竿となった。周りの筏でも結局本命を釣ったのは私だけでした。「こんな日もあるさ!」という事で帰路につきました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,