石花海ヤリイカ釣行!

DSC_7413
釣りジャンル
エリア ,
場所 石花海
釣行日 2017年11月28日
アングラー 焼津街道店 宮越香太
天候 晴れ
対象魚 ヤリイカ
タックル 竿:ディープゾーンGS150-205
リール:フォースマスター2000
糸:PE4号
仕掛け:ダイヤエース6本針を自作、5セット持参。
オモリ:中オモリ30号、120号と150号
その他 用宗港出船の興津丸様にお世話になりました。
今季3回目のヤリイカ釣行に臨みました。ここ数日釣果が復調で70杯くらい釣れているという情報もあり、期待が膨らみました。朝5時過ぎに出船。7時実釣開始。仕掛けはダイヤエースのピンクと水色を中心に6本針仕掛けを5セット作って行きました。サルカンの下に中オモリ30号を付け、一番下のオモリは120~150号を使いました。開始早々、着底でグングン!最初から2~3連掛け!しかも、自信最大サイズの胴長45cmくらいのヤリイカが混ざりました。8杯くらい釣ってから、9時頃に反応が止まりました。時折イカが掛かって慎重に巻いてきますが、サメの猛攻!連続3回仕掛け丸ごと持って行かれました。そして11時過ぎ!時合到来です。水深180mのところ、120m付近で反応があると船内放送があったので120mで一旦止めるとゴンゴン!魚の引きです!巻いて来ると刺身で激うまのオアカアジでした。実はヤリイカと同じくらい狙っていました。しかし、水面でテンションが緩んでしまい痛恨のバラシ・・・気持ちを切り替え、即投入するとベタ底でグーングーン!乗ってます。底から10mを7くらいの低速巻きで追い食いをさせるとどんどん重くなりました。なんと5連掛け達成!次の一投も4連掛け!2投で9杯はびっくりでした。小気味良い引きで楽しい!その後はまた一度サメにやられましたが、なんとか26杯釣ることができました。竿頭の方で49杯だったようです。今回の反省点としてはイカが乗った時にゆっくり巻いてきてしまったことです。回収速度を低速の14で巻いたことによりサメの恰好の餌食にされてしまったことです。4回仕掛けを丸ごと持って行かれました。船長がおっしゃるには、しっかりアワセを入れていれば25や高速で回収してもバレないようなのです。回収速度よりも竿を手持ちでやった方が船の揺れを吸収してくれるのでバレにくいようです。着底でヒットしたら、5~10m低速で追い食いをさせ、速度25で回収!これが手返しが良いようです。次回実践してみます。石花海のブランドヤリイカ!まだまだ釣れます。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: