良型揃いの国崎沖カワハギ!

DSC09698
釣りジャンル
エリア ,
場所 国崎沖
釣行日 2017年12月21日
アングラー 豊橋店 岩船 輝一
天候 晴れ
対象魚 カワハギ
タックル 竿は早舟カワハギM180(ダイワ)、リールはスコーピオンXT1500(シマノ)、PEライン0.8号。仕掛けは船カワハギリーダーたるませ釣用4号(ヤマシタ)、競技カワハギ速攻4.5号(がまかつ)、集魚中オモリからまんⅡ 5号(ヤマシタ)、六角オモリ30号。餌は生アサリ剥き身大盛りパック(ヒロキュー)。
その他 第八幸丸さんにお世話になりました。カワハギ8000円。

国崎までカワハギ釣りに行ってきました。釣行前までの状況は、渋くて坊主~数匹という日もあれば、竿頭は20~30匹釣っている日もあるようでした。ポイントに到着し、明るくなってからしばらくすると餌が盗られ始めました。良い日はガツガツ食ってくるのでやや渋めようです。同行した利根川君と長井さんはポツポツ釣っています。自分はアカメバル1匹。どうやら感度の良い竿が有利なようです。底トントンで狙っていましたが、作戦変更で中オモリを付けてタタキ→たるませ→聞き合わせのコンビネーションを試しました。これがハマる時もあるのですが、食いが浅いのか掛かっても外れてしまいます。日が高くなり当たっていた2人も沈黙しているので渋い模様。そこで、這わせ→ゼロテンション→聞き合わせで誘ってみます。これでアタリが出るようになり、何とかカワハギ確保。今日は底だったようです。10匹確保し、何とかつ抜け。健闘した方とのこと。型は22~24cmの良型中心で、最大は利根川君の27cmでした。しかも肝パン揃い。これだけ良型が揃ったので国崎まで来た甲斐がありました。食味も抜群なので、興味がある方は是非チャレンジしてみて下さい。

 

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,