浜名湖にて 投げ釣りは駄目でしたが…

DSC09710
釣りジャンル
エリア ,
場所 浜名湖
釣行日 2018年02月05日
アングラー 豊橋店 岩船 輝一
天候 晴れ
対象魚 カレイ
タックル 竿は投げ竿15号3.0m、リールは4000番、道糸ナイロン4号。名古屋天秤、スパイクオモリ15号、市販のカレイ仕掛を使用。餌は青イソメ。
その他

浜名湖へカレイを狙って投げ釣りをしに行きました。ポツポツとは釣れているようで、今回は日の出から上げ潮、上げ止まりを狙ってみました。開始早々、モミジガイが掛かり、その直後にはクサフグも。生命反応があり良い雰囲気と思ったのですが、潮が緩み始めると餌が残るようになり、結局クサフグを追加したのみ。全く駄目そうなので仕掛けを回収し、餌を付けたまま足元に放置。他の事をしていて目を離した隙に、仕掛けがスリットに吸い込まれています。引っ張って外そうとするとグイグイと手応えが…。水深は10cm以下。カニでも居るのかとさらに引っ張ると、隙間から魚の頭が見えました。結構デカい!鰓蓋を広げて抵抗します。隙間に指までは入ったので、頭を掴んで何とか引き摺り出すことが出来ました。正体はムラソイ。20cm超の良型でした。スリットは奥でやや深くなっているようですが、さっきまで干上がっていた場所で食ってくるとは思いませんでした。ムラソイがごく浅い場所で釣れるのは知っていましたが、まさかここまでとは…。美味しい魚ですが、こんな場所でもたくましく生きていて偉いなあと勝手に感心し、今回はリリース。残念ながらカレイの顔は拝めませんでしたが楽しかったです。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,