大型青物乱舞!海上釣堀

20180404-g3
釣りジャンル
エリア
場所 南伊勢町
釣行日 2018年04月04日
アングラー 後藤
天候 快晴
対象魚 真鯛、シマアジ、青物
タックル 3.7m海上釣堀専用竿、4000番スピニングリール、PE4号、オモリなしクッションでズボ釣り。
その他
2月に続いて貸切で南伊勢の釣堀に行ってきました。今回は風もなく晴天。とにかく水がものすごく澄んでいて、偏光グラスを付けて覗くと底網まで見通せるほど。魚が大量に群れて泳いでいるのがはっきり見えます。
ここまで水が澄んでいると魚からも仕掛けや人が見えすぎて警戒心が高くなり、釣れなくなってしまうのですよねえ。それでも朝一番は活性も高く、同行の女性が開始早々タイを釣り上げました。私も後に続こうと少し細いハリスにチヌ5号の細仕掛けでボケを底まで落としました。しかし食わない。こういう時はアクションが大事です。チョンチョンと動かしてからタイラバのようにゆっくり一定速で巻き上げて誘うと、いきなりガツンと穂先が持っていかれる当たりが。これは青物だ!バラシてしまうと一気に活性が下がるので慎重にやり取りして、何とか上げたのが自己記録80cmのヒラマサでした。重くて持ち上げるのも大変でした。
そのあと、同じボケ、同じ誘い方でカンパチもゲット。今日は調子いいぞ、と気をよくしたのもここまで。
日が高くなってからは上述の澄潮のせいかすっかり当たりが遠くなり、放流後も私の釣り座はほぼ魚の気配なしになってしまいました。釣り座を一時譲ってもらうなどしてタイとシマアジを1匹ずつ追加して納竿。シマアジとタイは生ミックを一粒小さくつけてノーシンカーで魚群の下までゆっくりカーブフォールで落とし込んでいき、ごく小さい当たりを拾って釣りました。針は小さいものがよかったようです。数は渋かったですが、大物とのやり取りはアドレナリン出まくりの大興奮で、実に楽しかったです。
身内だけなのでいつもより細い仕掛けが使えるのですが、思わぬ大物がかかることがあるので、できれば磯用などの強度の強いハリスにするとやや安心です。私のお勧めはジョイナーV2トルネード 松田スペシャル競技 ブラックストリーム
皆さんも色々な仕掛け、誘いを試して、効果があったらぜひフィッシング遊スタッフにも教えてください。

 

 

 

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,