乗っ込み真鯛シーズン

ほっぺ毛真鯛4月
釣りジャンル ,
エリア ,
場所 志摩沖
釣行日 2018年04月05日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ/曇り
対象魚 真鯛
タックル ロッド:アンロック鯛ラバ69f
リール:オシアコンク200HG
ライン:PE1号
リーダー:6号
ルアー:ビンビン玉100~160g他
その他 志摩ほっぺ毛丸さんにお世話になりました。
連絡先:船長携帯090-2682-6147

今回は春の乗っ込み真鯛を狙って鯛ラバに行ってきました。前日、前々日と釣果は続いており、しかも天気は当日は良く翌日から荒れてくる予報なので時化前の荒食いも期待できる最高のタイミング。AM5:30頃出船。港を出てポイントに到着すると以外と風が吹いている・・・天気予報と話が違う・・・暗雲が立ち込めるなか取り敢えず実釣スタート!一流し目から早速乗合できていた地元の方にヒット!ドテラで船を流しているので結構ラインが出ている。やり取りの末途中でバレてしまった様子。残念。その後着底して2回巻いた所で私にヒット!勢いよくドラグを出していく強烈な引き!!鯛特有のシャープな締め込みと重く首を振る感触でファイトしながらも狙いの魚だと確信する。十分に引きを楽しんだ後無事タモに収まったのは60cmオーバーの真鯛。中々の良いスタート。そして次にヒットしたのは同船していた湯浅君。こちらも強烈な締め込みを見せている。中々強そうだ。しばらくして上がってきたのは私が釣ったものよりはるかにデカいサイズ!計測してみると81cm6kgオーバーのビッグサイズ!!船内が一気に盛り上がるがこの後嘘のように静まりかえる・・・そしてさらに潮が緩み始め風が強くなってくるというWパンチに見舞われそれまで釣れていたポイントを後にした。その後風裏のポイントを転々とし、カサゴやチビキ等追加した位でパッとしませんでした。取り敢えず鯛は釣れたものの最後は尻すぼみな感じで終わってしまったので又次回チャレンジしようと思います。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: