深海の春!?

DSC_2085
釣りジャンル
エリア ,
場所 熊野 遊木
釣行日 2018年04月08日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 アコウ鯛、メヌケ
タックル 竿:アルファタックル ディープインパクト テルスタイル Ⅱ
リール:シマノ ビーストマスター9000
糸:PE8号
幹糸:30号、ハリス:18号
鈎:ムツ鈎20号 10本鈎胴突き仕掛け
エサ:さばの切り身
その他 熊野遊木 正丸さんにお世話になりました。
連絡先 船長携帯:090-4081-8531
料金:船代¥15,000 レンタルタックル代¥1,500

先日ジギングに行った時横でアコウダイを釣られたのでエサ釣りならイケるだろうと安易な考えの元今回は熊野「正丸」さんのレンタルで挑戦してきました。朝6:00頃より実釣開始水深は500m~600m弱船に装備されたマグネットの鈎置きにエサの切り身を付けたものをセットし船長の合図と共に2kgの鉄筋(オモリ)を投入!着底まで数分・・・着底後15m程巻き上げ約1分ほど馴染ませる・・・そして再度着底を取りアタリを待つ。船を前後しながら順番に投入していくので艫とミヨシで10~30m程棚が違うことも普通にあり得る。最初の投入では私が一番深い側でかけ上がりの上へ向いて船が流れていく。投入後の水深が590m仕掛けを回収するタイミングでは520mでした。1投目何も無。2投目も同様。3投目も・・・「あれっ?釣れてない・・・」船長にあれこれ聞きながらもこれはヤバイと悟り始める。4投目アタリはあったものの何もついていない。周りではポツリポツリと釣れているが期待の提灯行列とはいかず中々の苦戦ぶり・・・1投1投が時間かかる為あっという間に時間が過ぎていく。これでラスト流しと船長からのアナウンス。久々の丸ボーズかと覚悟を決めての投入。かけ下がりのポイントなのでこまめに底取りをしていると何度かアタリ。いよいよラストの回収・・・リングを掴んで見える範囲では何もついていない・・・仕掛けを手繰り9本目の鈎にやっとメヌケが1本掛っていてくれた。取り敢えずボーズを逃れてホッと一息した所で納竿となりました。例年ならこの地域は大型のアコウ鯛も多数上がるのでチャンスがあればまた行きたいと思います。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: