清水沖タイラバ

received_1256619307802140
釣りジャンル
エリア
場所 清水沖 光奏丸
釣行日 2018年04月27日
アングラー 静岡池田店 鈴木 幹弘
天候 晴れ
対象魚 マダイ
タックル ラグゼ桜幻69Solid
PE1号
紅牙80~120g
桜幻タイラバQ
その他

乗っ込み真鯛好調の情報に、清水港光奏丸さんにお世話になり、タイラバに行って参りました。

港を出て10分ほどで三保沖のポイントから釣り開始。船長曰く「反応はあるけど、食わないのかな」と。早々に西へ移動し久能沖へ差しかかる所で再開。すると、潮が富士山方向へ早く、80gのヘッドではほぼ底が取れません。ここで紅牙タングステン120gに変更すると、なんとか3往復4往復と底が取れるようになります。しかしアタリは遠くポイント移動。さらに久能沖へ入った所で同行した同店長浜店長が1尾目を取り込み、ここで船中がにわかに盛り上がります。と同時に、もうお一人同行した川村さんにも待望のヒット。川村さんはタイラバでは初のマダイとなるメモリアルフィッシュとなりました。このダブルヒットで状況好転!などと話していましたが、相変わらず早い潮に手を焼き、しばらく沈黙です。時折湧くサワラのナブラにキャストでチャレンジしつつも、タイラバはスパークしません。正午前、幾分潮が落ち着いた?と紅牙100gに変更すると、その第一投。ようやく私にもマダイのそれらしい強烈なアタリと重量感が伝わります。糸を少しずつ出されながらも慎重に取り込んだのは65cmに近いマダイ。船中最大の一尾となりました。しかしその後は続かず時間となりました。また行きます。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,