夏の手軽なオフショアといえば。

20180712-2
釣りジャンル ,
エリア ,
場所 安乗~志摩沖
釣行日 2018年07月12日
アングラー web店 仲直和
天候 晴れ
対象魚 マダイ、イサキ、他
タックル 竿:がまかつ 桜幻鯛ラバー 68L
リール:シマノ オシアカルカッタ 200HG
ライン:PE1.2号
リーダー:フロロカーボン5号
鯛ラバ:120~150g
その他

今回は志摩の長栄丸さんへ、スーパーライトジギング&タイラバに行ってきました。大雨後の濁りで海水はややミルクコーヒー状態。
釣れるかどうか微妙な感じでまずは安乗沖の水深25mラインをスーパーライトジギングでスタート。水質の問題なのか反応はかなり薄め。ジグをオーシャンフラッシュのグリーンゴールドに変更して、やっとイサキを一匹ゲット。その後ポイントを移動して、イサキ・メバルを追加。その後反応がイマイチの為、スーパーライトに見切りを付けて水深60m前後のポイントへ移動。ジグでもタイラバでもOKという事で、今日の本題 タイラバトレーニング。ベイトがイワシという事と濁りを考慮して、ネクタイのカラーはグリーンをチョイス。下げ潮が効いてきたのか激流になりつつある状況で、ドラグを引きずり出すアタリ!魚の引き+潮流で重いこと、重いこと。やり取りの末に上がってきたのは45cm程のマダイ。このタイミングで時合いが来たのか、船中でアタリ頻発で次々とマダイが上がります。自分もさらに50cmほどのマダイを追加して、一安心。その後さらに潮が速くなり、気配は有るものの底取り出来ない程となったので、ポイント移動。最終的に和具の方まで移動し20mラインを再びスーパーライトジギングで攻めます。タイミングよくハマチをゲットし、納竿となりました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,