猛暑のオフショア!

DSC_2355
釣りジャンル
エリア ,
場所 志摩沖
釣行日 2018年07月16日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 キハダ・鰹
タックル ロッド:メロン屋工房 トゥルーブルー ファナティック・キャスティング 83MH
リール:ダイワ ソルティガ 5000H
ライン:キャストマンWX8・フルドラグHP 5号
リーダー:ガリスキャストマンアブソーバー 100lb50m
ルアー:16~18cmプラグ各種
その他 志摩「へいみつ丸」さんにお世話になりました。
連絡先 船長携帯:090-2939-1091
料金:1DAYチャータ- ¥120,000/6人
今回は友人のお誘いを受けへいみつ丸さんのチャーターに混ぜてもらいました。狙いはこの時期のへいみつ丸といえばもちろんキハダキャスティング!朝4:30に出港。一路#2パヤオへ・・・現地へ着くとすでに僚船、ハネ釣り船と賑わっており鰹がポロポロ釣れている様子。少し乗り遅れた感があるものの未だマグロのボイルやナブラは出ていないので一安心!?そうこうしているとカツオがピョンピョン跳ねている。が、中々ヒットしない。早々に切り上げしばしマグロの出待ち・・・11:00頃よりだんだん激しくボイルをするようになるのだが、中々バイトまで持ち込めない。そんな中ハネ釣り船がどいたタイミングでピンポイントキャスト!バッチリ航跡の上にキャストが決まりワンアクション。ドバーッン!と出るがフッキングの瞬間ポロリ・・・数少ないチャンスがぁ・・・次にスーパーボイルに遭遇するも数回のチェイス・・・やっと食わせた魚もまたもポロリ・・・トレブルフックだろうが、シングルフックだろうが、外れる時は何しても外れる。悩みまくっていると次のナブラでスタジオコンポジットの吉田さんにヒット!終始安定したファイトで無事船内に取り込めたのは27kgのキハダ!ヒットルアーはヤマリアのラピード。腹を出してみて案の定というかやっぱり・・・というか今年の傾向だと思いますが、ベイトは小サバでした。今シーズンは湾内から沿岸部、沖合までやたら小サバが沸いているのでマグロに限らずさまざまな釣りをする上で重要なベイトなのかも知れません。
で、最終的に結果はボーズでした。次に繋がるいい経験もできたので今回は満足していますが、次回はヒットパターンを見極めた上でキャッチしたいと思います。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: