灼熱のシマアジ釣行!

37236226_1984527121611485_7490165416510095360_n[1]
釣りジャンル
エリア
場所 志摩沖
釣行日 2018年07月15日
アングラー web店 仲直和
天候 晴れ
対象魚 イサキ、シマアジ
タックル 竿:ダイワ リーディング55 190H
リール:ダイワ シーボーグリミテッド 200
道糸:PE2号
天秤:50cm
クッションゴム:1.5φ-50cm
カゴ:ステンカン100号 Lサイズ
仕掛:自作仕掛 全長2m 伊勢尼17号2本鈎 ハリス6号
その他
今回は、某方のシマアジリベンジという事で、またまた志摩の鋼進丸さんに4人で行ってきました。伊勢湾からの水潮の影響で、イサキは好調、シマアジは望み薄といった状況のという前評判。出船は、辺り真っ暗の3時半。寝不足で船酔いが非常に心配です。ポイントに到着して、期待を込めてコマセを撒きますが、しばらくは無反応。何度かの投入の後に、やっとこさイサキが登場!その後、ポツポツとイサキが釣れてきます。明るくなるにつれて、中途半端な太さのゴマサバが勢力を増してきます。ゴマサバ数匹に、イサキ1匹の割合が延々と続き、嫌気か差しかけたころ、潮目がどんどん近づいてきます。船長が「あの潮目交わしたら、シマアジ来るぞ!」というので、気合を入れてしゃくり続ける事ひとしきり。2本の潮目が通り過ぎた途端、ズッシリとしたアタリが到来! 待望のシマアジ確保!!リベンジの某方も見事にシマアジキャッチ!さらに連発!時合い到来か!という所ですが、まばらに釣れる感じで、その後ゴマサバ→イサキと釣果が変化していきます。その後気温がどんどん上昇し、釣りどころではないのか、周りの船は早上りして10時には自分たちのみになっていました。「もう自分たちだけだから、魚がみんな寄ってくるぞ~!」と、わけのわからない理由を自分に言い聞かせて竿を誘い上げると、今日一番の強烈なアタリ!しばらくより取りして魚が怯んだところで、まさかのバラシ! 気を取り直してもう一投すると、さらに強烈なアタリ!しかもまさかの連発バラシ!そこからしばらく時合いなのか、立て続けにシマアジを3匹確保。まだまだ~という所で潮目到来とともに時合い終了、納竿としました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,