迷走のタイラバ釣行!

IMG_0962
釣りジャンル
エリア
場所 引本
釣行日 2018年07月15日
アングラー web店 村木 俊彦
天候 晴れ
対象魚 マダイ
タックル アンロックタイラバ
オシアカルカッタ200HG
PE1.2号
天龍レッドフリップ5111B-M
オシアカルカッタ300HG
PE1.5号
その他
最近ハマり始めたタイラバに友人を巻きこみレンタルボートで行ってきました。ボートは尾鷲の引本にあるフィッシングオザキさんでお世話になりました。
今日はタイラバ縛りと決め込み、まずはベイトを探すことに。最近調子がいいという大石の周りを探すもベイトはちらほら友人に釣り方の説明をしながら流すといきなりヒット!大石ではアベレージサイズのオオモンハタ。その後すぐに友人にアタるもアワセてしまいフッキングならず。しばらく流し直すもどうもベイトが動きまわっているのか群れが小さいのか魚は釣れるもリリースサイズばかり。迷走が続き、教えてもらったポイントは一通り回ったもののとにかくベイトが見当たらないしない。ならばと過去にいい思いをした尾鷲湾の中の方、まずは人瀬へ。そこでようやくベイトを見つけ流しだすと着底からハンドル5回くらいでひったくるようなアタリ、からの首振り。半日探し回った結果ようやく真鯛の顔を見れて一安心。友人にも釣らせようと何度も流したものの自分にはヒットしたものの友人にはオオモンハタのみ。時間となり納竿となりました。今回メインで使ったのはヘッドはハヤブサのミドキンとチャートイエロー。重さは60gと90gでした。スカートはグリーンのカーリー。ラバー少なめ。また、竿はアンロックタイラバを使いました。適度に曲がりしろがあるため釣りの初心者でも巻くだけで載せることが出来ます。粘りもあるので不意な魚が来ても対処できるようになっています。入門の最初の1本はもちろん、予備竿などにもお勧めです。同じ道具で同じ使い方をしてもいろんな魚が釣れてくるタイラバ、初めてでもいろいろ釣れ、シーズンも決まっていない釣りです。ぜひ挑戦してみてください。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,