大山沖でイサキ&タテ釣り

DSC01053
釣りジャンル
エリア ,
場所 大山沖
釣行日 2018年07月23日
アングラー 豊橋店 岩船 輝一
天候 晴れ
対象魚 イサキ・ヒラメ
タックル 竿は海春80-240(シマノ)、リールはプレイズ1000(シマノ)。道糸PE4号。
仕掛けはイサキ用の天秤吹流しとタテ釣り仕掛け。タテ釣りはハヤブサのライトタックル落し込み4本鈎8-10を使用しました。全長が短く針も少ないので扱いやすかったです。
オモリは80号統一です。
その他 丸万釣り船さんにお世話になりました。イサキ便9,000円、コマセ付きです。
当店の春田君とイサキ釣りに行ってきました。前回も2人で挑戦しましたが、その時はイサキを釣ることが出来ず、今回はそのリベンジです。ただ、今回はややうねりがあり、船よわよわな私は船酔いしてしまいました。周りではコンスタントに釣っている方も見えましたが、自分は餌を付けて落とすのが精一杯の状態。それでも何とか35cmの良型イサキを1匹だけですが確保できました。チダイも釣れました。ひととおりイサキ釣りをやったところで、イワシと小鯖の群れが入っているらしく、イサキは切り上げてタテ釣りに行くとのこと。この頃にようやく船酔いから回復して、吹き流し仕掛から4本針の短いタテ釣り仕掛けに変更。ポイントに着き、仕掛けを落とし込むとすぐに魚信がありました。マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシ、ゴマサバが掛かりましたが、餌になる小魚が付いたらそのまま海底まで落とし大物のアタリを待ちます。放置していると餌が弱るので、ある程度待ったら回収して新しい小魚に入れ替えた方が良いとのことでした。船中ではヒラメがポツポツと上がっており、複数釣果の方もいたようです。同行した春田君には最後のひと流しで60cmの良型ヒラメがヒットしました。私はイワシのみでしたが、鮮度の良いイワシは旨いので、それはそれで満足です。イワシの群れの規模は大きいようなので、タテ釣りに行くなら今がチャンスかもしれませんよ!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , , , ,