ハードロックフィッシュに挑戦 その1

IMG_8974
釣りジャンル
エリア ,
場所 尾鷲 行野浦漁港
釣行日 2018年08月05日
アングラー 本部 澤村清一
天候 快晴
対象魚 ハタ
タックル HRF AIR92H
セルテート4000(タックルバランスとしては少し重たいです。)
その他 熱中症対策は万全に!

さぁ今年は、ハードロックフィッシュに挑戦!ほんとは、5月から始めたかったのですが、ずるずると今月になってしまいました。
1回目の今回は、なんせはじめてのハードロックフィッシュ。そしてこの酷暑。タックルの確認から、酷暑対策までの確認も含め、尾鷲の行野浦漁港に決定しました。磯側に行こうと思いましたが、むき出しのロッドとタックルボックスを持っての状況、プラス急なこう配に無理は禁物と判断。堤防でやることに。水深も浅いですが、むき出しの根が根魚の雰囲気をプンプンさせています。初めのセットは、ダイワ KJダブルヘッドスピン28gパワーシャッド4インチをセット。タックルは、HRF AIR92Hセルテート4000。第1投。気持ちよく飛んでいきます。底をとり、少しロッドをあおり、ゆっくり巻いてくると、手前の方でいきなり生命感!まさかまさかの1投目でサカナがヒット。上がってきたのは、アカハタ!20cmぐらいですが、嬉しい。写真をとって、すぐにリリースです。さて気を良くして、釣りを続けますが、何せ暑い!時間がたつごとに気温も上がります。時折、風がふきますが、頭がクラクラしてきます。汗のかきかたも尋常じゃない。しかし、2匹目を目指し、キャストを続けます。しかし、近くの釣り人も全く釣れる事もなく、時間だけが過ぎていき、体力の事も考え、午前中で終了。結果1匹でしたが、色々わかったことがあったので、2回目の釣行につなげたいと思います。次は磯に渡ってみるかー?

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: