渇水のナマズ釣り2

IMG_1009
釣りジャンル
エリア
場所 鈴鹿川とその周辺
釣行日 2018年08月05日
アングラー web店 村木 俊彦
天候 曇り
対象魚 ナマズ
タックル ゾディアス160MH-2
スコーピオン
フロロ16LB
その他

前日によく釣れたので再びJBフロッシュを持って激浅ポイントでもある鈴鹿川の派川へ。動きも見たかったので夕マヅメからスタート。
ワンドにアシがあるためアシ際を引くイメージで攻めます。動きはジッターバグやキャタピーと同じジタバタアクションですが、プラスチックと違いボディ全体に重量があるのでキビキビとした動きというよりはよりナチュラルな動き、ワームとハードルアーの中間のような感じ。でも腹側にブレードが付いているのでゆっくりでもしっかり水を撹拌し水中にアピールしてくれます。ほとんど日が沈んだ頃にバイト!乗らない!ロッドで首振りアクションを入れるとヒット!少し小さい45センチ程。日が完全に暮れたのでポイント移動し足場のいい用水路へ。流れ込みはないものの段差が多い用水路なので落ち込み付近の壁際を狙います。流れに乗せて流れの緩んだところで止めておくと、ヒット!ブレードって素晴らしい。その後はあまり続かなかったので終了としました。
梅雨が明けると雨も減るため渇水になり、釣りにくくなるナマズ釣りですが、そんなときにはこういった柔らかいルアーを試してみるのもいいかもしれませんよ。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,