鮎釣行です。

DSC_9095
釣りジャンル
エリア ,
場所 大千瀬川
釣行日 2018年08月30日
アングラー 焼津街道店 宮越香太
天候 晴れ
対象魚
タックル 竿:プロセレクトVS90NP
仕掛け:天井糸0.8号フロロ+水中糸複合メタル0.08号+ハナカン6.5号+掛け針龍の爪7号
その他 桃井おとり店(浦川漁協)様にお世話になりました。

静岡の河川は台風20号からの回復待ちで、情報を元に浦川に行くことにしました。丁度この頃平水になる予測でした。朝、おとり屋さんで情報を聞くと前日に場所によって40匹前後の釣果があったということで気合が入ります。用意して駐車場の前の瀬に入ろうと思いましたが、先行者の方達で瀬に入れなかったので、分流の川幅の狭い所に入ってみました。これが竿抜けポイントだったようで午前中で10匹程釣ることが出来ました。十分なおとりを確保出来たので、上流に向かって歩いてみました。しかし、良い瀬はお客様が入っており仕方なくトロ場に入ることにしました。鮎釣りの基本で『朝瀬、昼トロ、夕のぼり』という言葉があります。もしかするとと状況を見てみると、ここのトロ場は大きい石が点々としています。しかもその石には濃い垢が着いています。穂先をきかせない泳がせ釣りをやってみると案の定、コン!ギューン!と掛かりました。背掛かりの為良く引きます。釣れた鮎をおとりにすると元気良く沖へ、上へ泳ぎ回るとまたすぐに掛かりました。重い!!ほとんどが黄色い追星くっきりのやる気満々の鮎の背掛かりです。めちゃ楽しい!!今年は瀬釣りばかり練習していたので、基本の泳がせ釣りをしてこんなに釣れたことはありません。おとりの行きたい様に行かせて、簡単に掛かりました。トロ場で数十匹釣ってから夕方はお客さんが帰った後はキツイ瀬が空き始めたので、入ってみました。鮎シンカー2号を付け流心に入れてみるとガツーン!!一気に下ります。しっかりタメて寄せてタモ入れ成功。最後に強烈な引きを楽しんで納竿しました。結局17~19cmアベレージで、20、21cmが数匹入り、全部で29匹釣ることが出来ました。場所の見極め、攻め方がハマり楽しい釣行になりました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,