師崎うたせ真鯛

3A7A1C0D-CCE5-4584-9EF1-FF50358C1D2F
釣りジャンル
エリア
場所 師崎
釣行日 2018年10月04日
アングラー 桑名店 清水一喜
天候
対象魚 真鯛
タックル シマノ 6:4 255 ML
シマノ プレイズ1000
PE3号 リーダー フロロ8号
その他

10月4日師崎にてうたせ真鯛に釣行しました。今回まとばや丸様にお世話になりました。5時半集合で船席をクジ引きし、ミヨシ側左舷になりました。6時出船、ポイント地点に30分で到着。まずは船長より説明を聞きました。仕掛けは胴突3本針。オモリは60〜80号。大事なのは捨て糸の調整。まずは1ヒロから始め、餌の喰われ具合を確認して、伸ばすか縮めるかを調整して下さい。うたせの釣果の大半がこの捨て糸調整で決まるとのこと。そして、餌の付け方。ツノを取って口から針を通して下さい。真ん中に入れないとクルクル回り喰わない。貫通させ過ぎないように付けて下さいとのこと。難しい…ただ最後には慣れました。まずは1ヒロで投入。早速当たりが来て、幸先良く1匹目が釣れました。その後全く当たりが無くなりました。8時になり、次のポイントに移るときにようやく2匹目。1時間1匹ペース…その後も同じなので、捨て糸を少し縮めてみると即当たり。あれ?ドラグが出っ張なし…取り敢えず格闘しながら上げてくるとサメでしたので、船長にバラシて頂きました。仕掛けはめちゃくちゃになったので、改めて作り直し投入後すぐ当たりました。嬉しかったのも束の間…針飲んで取れない…針だけ無い…新しい仕掛けをバラシて対応しましたが、もう仕掛けが無い…やはり仕掛けは沢山持ってくるべきと改めて感じました。そして13時になり終了。結果真鯛5匹でした。船長よりお土産の真鯛を追加して頂きました。今回始めに色々と試行錯誤し、捨て糸の調整、仕掛けの交換に時間がかかり、釣りの時間がかなり削られました。次は事前準備をしっかりとし、仕掛け交換も慣れたのでもう少し釣果を上げると思いました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , ,