師崎にて太刀魚、うたせ五目リレー

2306B456-20A7-4BD9-B1B4-C5BD29BD1344
釣りジャンル
エリア
場所 師崎
釣行日 2018年10月09日
アングラー 桑名店 清水一喜
天候 晴れ
対象魚 太刀魚、五目
タックル シマノ 6:4 255ML
シマノ電動 1000番
PE 3号
フロロ8号
その他
10月9日師崎にて太刀魚釣りに行きました。石川丸様にお世話になりました。5時45分出船し太刀魚のポイントまで僅か5分。6時から開始なので、しばらく待ちました。船長から一通りの説明をいただきました。まずは、底から誘いながら巻いて当たりがある棚を見極める。棚が見つかったら、近辺を巻き上げて当たりが無ければ再度落とし巻き上げる。早合わせはしない。小さな当たりは直ぐに合わせない。餌は真っ直ぐになるように付けて投入。説明が終わる頃6時になり、釣り開始。指示通りに餌を付け投入しました。今回のポイントは海底40m。まずは海底に落としてから、巻き上げていく。巻くも20m付近まで何も無い。再度落とし込んで、巻き上げるも何も無い。隣は当たりが、来てる様子。観察すると、ただ巻きでは無く誘いながら巻いていました。更に当たり前は少し喰わす時間を与えていました。同じ事を行うと、35m〜30m付近で当たりました。乗せれなかったので、再度落とし巻いてくると初当たり。その後も当たりがあるところを重点に誘いました。結果20匹の釣果で終了しました。巻き上げ速度、誘いが慣れるまで難しかったです。小さい太刀魚は当たりがほぼ無く、巻き上げてみて釣れることが分かる時が多かったです。後半はうたせ五目を行い、伊良湖沖に行きました。前回根掛かりが多い事の反省より、あまり底付近に落とし込まないようにしました。しかし、釣れ無い…覚悟して底を攻めると小鯛、カサゴ、メバルと釣果を上げることが出来ました。しかし、根掛かりし仕掛けを付け直す時間を結構使いました。終了した時も根掛かりを外してる最中でした。太刀魚、五目と半分ずつで楽しめましたが、どちらとも中途半端でした。釣果を上げるには、どちらか専念した方が良かったと思いました。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,