撃沈のティップラン釣行

B0B35D4D-1962-494A-A75C-0382AB6103D2
釣りジャンル
エリア
場所 志摩
釣行日 2018年10月28日
アングラー 桑名店 日高 剛
天候 晴れ
対象魚 アオリイカ
タックル EGTR510M
ルビアス2508R
PE0.4号
リーダーフロロ2号
その他

FP志摩へティップラン釣行してきました。5時30分に出船して深谷水道を抜けました。するとウネリが大きく、志摩の沖に出れず安乗方面に走ります。最初のポイントでは風が吹いていたので50グラムからスタート。しかし潮が効いていないようでエギが安定しません。徐々に風が弱くなりシンカーを軽くしていきます。船上では何杯かのアオリが上がりましたが、続かず志摩沖に移動。ウネリは少し小さくなっていますが白く濁っています。濁りを避けて移動するもあまり良い潮の色ではないようです。志摩沖で私のフォール中のエギにヒット。なんとか1杯。ティップはランしてませんが…。その後、英虞湾内に移動。夕方には良い風が吹き、良い感じで流れるものの私はヒットさせることができず、フォール釣れいた1杯のみで終了の時間になってしまいました。帰港後の座談会で今日のようなウネリが大きい時、風が弱く、潮が動いていないような状況であれば0.6や0.8号とわざと太いラインにして、そのラインに糸フケでテンションを掛け、エギを安定させるといいよと教えて頂きました。細いラインが完全に有利ではないことが分かりました。やっぱり奥が深〜〜いティップランと思う釣行でした。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,