筏最盛期!!

11月9日元丸
釣りジャンル
エリア ,
場所 賀田
釣行日 2018年11月08日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ
対象魚 黒鯛、他
タックル 竿:カセ筏師 THEチヌセレクションXT ロクマル158
リール: カセ筏師 THEチヌリミテッドV大チヌ 65-B 左
道糸、ハリス通しフロロ2.5号
鈎:チヌ鈎4号、5号
オモリ:G1~0.5号
エサ:オキアミ、サナギ、ボケ
その他 賀田元丸渡船さんにお世話になりました。連絡先:090-2688-9656
実はここの所筏に通っていますが、ヘダイの猛攻に手を焼きまさかのチヌボーズ続き・・・アタリが多く魚種も豊富なので楽しんではいるんですが、いかんせん本命を仕留める事ができないのでモヤモヤしていたのでリベンジに行ってきました。天候も良く大潮回りなので潮は速いが期待できそうな雰囲気。期待して一投目は落とし込みで狙ってみる。激しいアタリを見せるのはオオモンハタ。ヘダイ。チャリコ。ひとしきり楽しんでは見ましたが型を見る事はできずダンゴに切り替えて打ち返す。この日はどうゆう訳か普段あまり釣れないハタ(小)がやたらエサを取ってくる。次第にエサ取りが増えてきたのか中層でもダンゴアタリが出てくる。水温も少し下がってきたので、予想外な感じでしたが、こうなってくると正体を見たい!って事で中切りを試してみる。ちょっと上過ぎるかな?と思える底から4ヒロ程上にマジックで目印を付けそこからふわふわと落とし込んでいると直ぐにひったくるようなアタリ!すかさず合わせるとそれまでの小型の魚とは明らかに違う引き!上がってきたのは40cm程のチヌ!こんな上に浮いてるんや~っと新たな発見。磯で釣りしている時は何も考えず浮かせて釣っているが筏でしかも底から離れた所で釣ると何か不思議な気分。思わぬ発見に楽しくなってきて中切りパターンで続けていると今度はコツコツッと小さなアタリ。少し送り込んでついて行ってから合わせると今度はハマチ。普通アタリが逆じゃん!というツッコミは置いといて、まだまだ続く中切りスタイル!2~3投に1匹のペースで35cm~43cmのチヌが釣れたがイマイチ大きくならない。どうせなら年無サイズを釣りたいって事で今度は刺し餌をサナギにしてみるとコンッ!と激しい目の前アタリの後グイーンっとひったくるアタリしっかり合わせるとやや重い。これは来たか!?と思わせる引きを見せ上がってきたのは48cmのチヌその後ダンゴを作り替えている間にアタリが遠くなりまたもやヘダイ地獄。のませ(ヘダイの背掛け)で鰤もヒットさせるも、もう少しでタモ入れの所まで寄せたが一気に走られ高切れ・・・夕方は塩焼きサイズのチャリコ達が襲来。なんだかんだと一日中竿が曲がり楽しい一日を過ごしました。秋の筏釣りアタリが多く楽しめます。皆さんも出かけてみては?

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: