冬パターン直前の琵琶湖釣行!

1542363551598
釣りジャンル
エリア
場所 琵琶湖
釣行日 2018年11月15日
アングラー 本部 松永経志
天候 晴れ
対象魚 ブラックバス
タックル ロッド:アブ・ファンタジスタエクスグレイブFNS-610ML スイッチバック
リール:ヴァンキッシュC2500XGS
ライン:シーガーフロロリミテッド 5lb
ワーム:カットテール3.5in・4in
リグ:ダウンショット
その他

前回のリベンジにS氏と琵琶湖へ釣行してきました。水温は下物沖で15度前後、まだまだ下がりきってなく釣果も安定しない状況。この日も志那沖~下物沖の浚渫をメインにタイミングを見て下物沖の3m前後のフラットを巻物展開のプランで釣行!朝は浚渫の5m~7mのかけあがりをメインに魚探でベイトが絡むポイントでスタート。良い浚渫ではボトムに何らかのベイトが映ります。そのポイントでダウンショット、メタルバイブ、フットボールで探っていきましたが、反応があるのはダウンショットのみ、しかもギルバイト。ギルの居るポイントはバスも居ると信じてキャストを続けると、ロッドティップがクッ!と入るバイトがあり25㎝のコバスをゲット!これだけバイトが無いと小さくても嬉しい!その後も魚探に反応がある浚渫を転々とし、いい反応の浚渫でリューギ・フットボールヘッドスタッガー3inにバイトが!重々しく上がってきたのはグッドサイズのナマズ!その後は風も無くなりバイトも遠のき、終了前に漁港前の3mのかけあがりを攻めると、S氏のダウンショットに45㎝のグッドサイズがヒットしてくれました!これで終了!何とか釣れて良かったが不完全燃焼ぎみ… これから更に冷え込みが厳しくなり水温も下がりきって安定すれば、釣果もでてくると予想されます。ヒウオも固まりだしてアラバマのシーズンも始まりそうです。もうあと少しな感じの琵琶湖釣行でした。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,