やっぱり厳しかった琵琶湖。

1542363551598
釣りジャンル
エリア
場所 琵琶湖
釣行日 2018年11月15日
アングラー 本部 澤村清一
天候 晴れ
対象魚 ブラックバス
タックル フェンウィック ゴールデンウィングGW610CLP+J 
アブガルシア LTX
その他

さて、今回は、秋の琵琶湖攻略ということで、Mさんと同行です。強風の予報、しかも最低気温が一けたになるぐらいに冷え込む、厳しい1日。いそいそとワームも準備して当日に備えます。到着した琵琶湖は、やはり寒く防寒が必要なくらい。水温も15℃。とりあえず、志那沖5mラインぐらいで攻めてみます。魚探には、バスの気配が映ります。とりあえず、ボトム狙いでクランク・バイブレーション・ラバジ・テキサスなど様々な手を試してみますが、反応はなし。そして天気はというとますますの強風、、、ではなく、何と完全な無風状態。琵琶湖がまるで池のように穏やか。この時点で12時くらいでした。いつもならトップで攻める所ですが、魚探の画面に意識が飛んでしまい、ボトムオンリーにこだわりすぎ、ひたすらダウンショット。そして、風が強くなってきてボートが流され、3mラインのウィードの塊を発見。その直後、根がかりのような手ごたえ。すっかりウィードと思い、ゴリゴリまいているとなにやら生命感、、、あれ?かかってる?でも小さいかなーとやりとりしていると上がってきたのは、42cm。僕にしたら上出来です。Mさんと帰りの道中は、やっぱりシャローやったんかなぁと反省。なかなか簡単には釣らせてもらえません。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:,