久しぶりの泳がせ釣り。

IMG_9832
釣りジャンル
エリア ,
場所 三重 相賀浦 なぎさ丸様
釣行日 2018年11月23日
アングラー 本部 澤村清一
天候 晴れ
対象魚 ヒラメ・ハタ・青物
タックル ダイワ ゴウイン265S
ダイワ シーボーグ250S
その他

Iさんに声をかけてもらい、久しぶりに泳がせ釣りに行くことに。船宿さんは、三重県相賀の「なぎさ丸」様。13時に出港。まずは、餌となるアジを狙いに行きます。とりあえず、アミエビをかごに入れて投入!着底!はい、根がかり!マジかっ!しかし、運がよかったのかすぐに外れて、即回収。危ない危ない。で、慎重にアジをねらいますが、これがなかなか釣れない。しかし、ミヨシの方々は順調に釣ってます。こんなに難しかったか、船のサビキ釣りは?しかしなんだかんだと20匹ぐらいは確保。でそこから30分近く沖にはしり、いよいよポイントへ。
50mラインから開始。丁寧に底をとっていきます。狙いはハタ・ヒラメ!青物は、同船者のだれかと物々交換と計算しつつ、漁礁をせめていきますが、これまたネガカリの連発。しかも、あんま反応が無い。そこでしびれを切らし、ハリス10号から7号にダウン。すると、すぐに反応あり!ゴツとしたあたりを合わせると、いい手ごたえ。ゴンゴンとあがってきたのは、50cmぐらいのヒラメ。よーしよし。とりあえず一安心。次のポイントは80m。仕掛を投入、着底した瞬間、グッとした重み。思い切り合わせると、竿が弧を描くように曲がります。いい引きです。これは絶対根魚。しかも大きい。丁寧にやりとりしているつもりでしたが、ドラグが強すぎ、まさかのバラシ!しかし、そのあとすぐにまた、アタリ!しっかり合わせをいれ、これはとったと安心していると、フッと重みが消える。あげてくるとまさかの幹糸切れ。結果、ヒラメ1匹で終了でした。次の日にお刺身にして食べましたが、久しぶりのヒラメ。大変美味しゅうございました。また、行きます。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: