レンタルボートで極寒のタイラバ!

IMG_1537
釣りジャンル
エリア
場所 尾鷲
釣行日 2018年12月16日
アングラー web店 村木 俊彦
天候 晴れ
対象魚 真鯛
タックル 竿:テンリュウレッドフリップRF5111B-M
リール:オシアカルカッタ200HG
ライン:PE1号
タイラバ:ハヤブサVSヘッド60g90g120g
     ジャッカルTGヘッド125g
その他
アマダイが釣りたいと思い尾鷲のレンタルボートへ行ってきました。まずは同店久野さんがテンヤをするということで、根魚のポイントへ。とりあえず60gのゴールドのヘッドにグリーンのネクタイ。自分の中では何でも釣れるド定番です。が、いまいち反応が良くないためすぐにポイント移動。
ところがどこへいってもベイト反応がない。当然魚の反応もない。根の荒いところで何とかアカハタを釣るも、同行者の久野さんはすでに船酔いでダウン。船に乗る前に脂っこい食べ物は禁物です。
自分ひとりなので60mのマダイポイントへ早々に移動。地形は平坦な砂地。あえて重めのタングステンヘッド125gで砂に刺さるように落とし砂埃が出るようにしながら落としては巻く。とにかく目立ってほしいと思いヘッドもスカートもネクタイも全部グローが入ったド派手な組み合わせに。すると魚探にゴミだまりのような微妙な反応が。
落として砂から引っこ抜いたとたんに掛け調子のレッドフリップが曲がります。
タイ特有のいい引き。上がってきたのは40cm位のきれいな真鯛。これはいいポイントと再び落とすと底から3巻き位でまたヒット!が、エソ・・・そうこうしていると底から10mにベイト反応が。ネクタイがカーリーなのでなるべくゆっくり目に巻きあげると再び強い引き、しかもドラグが引き出されます。奮闘の末上がってきたのはナイスサイズの真鯛!56センチでした。
その後は風向きが変わり、同じポイントを流すことが出来ず、いろいろ回るもポイントを見つけられず帰港となりました。
水温はまだまだ高いですが、さすがにベイトの影も薄くなってきたので釣りにくくはなってきましたが、その分ベイトを見つけられるとまだまだいい思いが出来そうです。
タイラバはシーズンも長く道具も釣り方も簡単なのでぜひ挑戦してみてください。

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,