国崎沖のカワハギ釣り リベンジマッチ!

DSC01266
釣りジャンル
エリア ,
場所 国崎沖
釣行日 2018年12月18日
アングラー 豊橋店 岩船 輝一
天候 晴れ
対象魚 カワハギ
タックル 竿は早舟カワハギM180(ダイワ)、リールはクイックファイヤー小船401XT(シマノ)、PEライン0.8号。仕掛けはカワハギリーダーたるませ釣用4号(ヤマシタ)とアスリートカワハギ糸付鈎5号(ささめ針)など。オモリ30~40号。餌は冷凍アサリ。
その他 勝丸さんにお世話になりました。

前回のカワハギ釣りではいまひとつ数が伸びなかったので、今回はそのリベンジです!伊勢店の石神店長、林さん、豊橋店の中山、春田、長井、私の6名で行ってきました。朝一は全くアタらず、今回もかなり厳しい展開になる予感…。活性は高くないようなので底トントン、ゼロテン、這わせなどで誘い、餌を漂わせる間を作るようにしてみました。テンションを抜いたタイミングでガツガツっとアタり、すかさずアワセます!強烈な引きをみせたかと思えば、中層で急に抵抗を止めるカワハギ特有の引きで本命と確信します。回収直前に再び強烈に抵抗して上がってきたのは25cm程の良型カワハギ!これが釣りたくて国崎まで来ています!!その後は全くアタらない時間帯もあり、釣果は20~26cmのカワハギ8匹とカゴカキダイでした。目標としていた10匹には届きませんでしたが、前回よりは多少釣れたので良かったです。右舷で釣っていた石神店長が10匹以上の釣果で竿頭でした。帰って捌くと、肝の大きさは個体差がありましたがはち切れそうなくらいに肝パンなものもいました。食味はもちろん究極な旨さ!道具がシンプルで釣り方も難しくないので、カワハギの肝和えが食べたい方は是非挑戦してみて下さい!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, ,