渋い中での1本!

IMG_1440
釣りジャンル ,
エリア
場所 鳥羽 山洋丸さん
釣行日 2018年12月26日
アングラー 一宮店  野田龍汰郎
天候 晴れのち曇り
対象魚 青物
タックル ①ロッド:ホライゾンSL HSL66B-M
 リール:ソルティガBJ 200SHL
 ライン:PE1.5+フロロ30lb
②ロッド:グラップラー S632
 リール:ツインパワーSW 6000HG
 ライン:PE2+フロロ30lb
その他 鳥羽 山洋丸さん
http://www.sanyoumaru.com

以前から好調だった鳥羽の山洋丸さんに同店稲垣副店長と行ってきました!当日は風が強く、石鏡沖辺りからスタート。ベイトも固まっておらず、たまに80・90㎝が魚探に映る程度。水温もなんと18℃とかなり高い…3日前は20℃もあったんだとか…。いつものベイトタックルでは絶対に喰ってこないだろうと想定し、スピニング主体でショート~セミロングをとにかくシャクり続けることを心掛けてました。
何回か移動した後スピニングで少しキャストして早巻きの斜め引き後のワンピッチでドスッ!狙い通りヒット!そこまで重量感は無く、上がってきたのは70程のワラサ。上げた後の第一声は「小さっ!」らしいです(笑)
ヒットジグはあばばいじぐ160gのリアルアジカラー。
その後はハマチの時合があっても掛けることができず、終了。この日上がった青物は80前後のブリと90程のサワラと自分のワラサの3本のみ。渋かったです。水温がある程度下がるまでは、スピニングで斜め引きしてシャクるのが効果的になるので、1本は用意しておくと良いかもしれませんねっ!

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ:, , , , , ,