好調!!鰤ジギング!!

鰤二本とワラサ
釣りジャンル , ,
エリア ,
場所 鳥羽
釣行日 2019年02月10日
アングラー 本部 杉野嘉之
天候 晴れ(強風)
対象魚 鰤、ワラサ、サワラ
タックル ロッド:プロト6.4ft
リール:ブルーヘブンBHL50
ライン:ファイヤーライン2号
リーダー:ブラックストリーム10号
フック:自作アシスト1.5~3cm ジゲンJH30 4/0 JAMフック4/0他
ヒットルアー:フレック180g(オリカラ)、メタボスイマー160g他
その他 漁與丸さんにお世話になりました。
連絡先:船長携帯090-7312-7145
最近好調の鳥羽の鰤、サワラの様子を伺うべく漁與丸さんにお世話になってきました。前日も前々日も爆釣のようで期待は高まるばかり!ただかなりの爆風でサワラが良く釣れているポイントには出れないとの事。それでも鰤が釣れるなら・・・という事で湾内のポイントへレッツ!ポイントに到着後早速釣るもなにやら様子がおかしい・・・私もヒットさせるがイマイチ重量感が無い。やり取りの後上がってきたのは4kg程のワラサ君。まあ一匹目は嬉しいのですが、事前に聞いていたサイズと違うが、俄然やる気には火がついてくる。そして次のポイントへ。ここでは既に周りの船がタモを出していたり、ファイトしていたりと気配ムンムン。頭は冷静にポチャンとジグを落とす。そぉーっと持ち上げるようなジャークを1回。フォールさせるべくロッドを下げた瞬間糸が止まる。「乗り遅れずにすんだぁ」と心の中で一安心。しっかり糸ふけを取ってフッキング!今度はドシッとした重量感!10kgは無いだろうが、それに近いサイズというのはすぐに解る。無事ランディングネットに収まったのは8.2kg90cmのややスレンダー気味の鰤。ミッションコンプリートと言いたい所だが今回はロッドのテストも兼ねているのでさっさと締めて次を狙う。今度はテストロッドにPE2号リーダー10号のタックルにメタボスイマーの160gで同様のジャークで狙ってみる。すると直ぐに答えは出た!今度はボトムの時点でもかなり締めこんでくる。ドラグテンションを6kgに上げ目いっぱいベンドさせているが、かなりの抵抗を見せる。さらにレバードラグを入れ8kg近い設定で指でコントロールしながらファイトを続ける。流石にこのテンションになるとドラグが出なくなってくるのでロッドを持つ手がしんどくなってくる・・・が、お構いなしでポンピング。「そろそろ鈎が曲がるかな?」と思いながら続けているとフォアグリップを曲げこむような強烈な締め込み!!少し強引だが竿を折るつもりで曲げていると「パァッーンッ!!」とラインブレイク・・・残念。回収するとPEのかなり上(30m位の所)から飛んでいた。ここまで曲げても大丈夫だと解った所で次の流し。少し喰いが落ちてきたのか周りも上げていない中私にヒット!これも同サイズの良型だ!今度はドラグテンションを落としたままで慎重なファイト。魚の向きを意識しながら締めこんだ時、横を向いた時、こちら(上向き)を向いた時のテンションの抜け、掛けにどのように追従するかを見ながらのゆったりファイト。やや硬さが残るもののいい感じの曲がりをしているので納得しながらも無事ランディング。先ほどのより気持ちサイズアップ!?8.9kg92cmでした。その後ウソのように静まりかえり時合が終了したことを伝えてくる・・・お土産も確保できたのと風も強かったので早い目の帰り支度をし納竿としてきました。釣れている今がチャンスです。防寒対策をしっかりしてチャレンジしてみては?

カテゴリー:スタッフ釣行レポ  |  タグ: